いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
バリアフリーへの挑戦
2007/12/27 14:01 [Thu]
category:未分類
みなさん こんにちは長崎県諫早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。(ただいま歯科医師の求人を行っております)今日は私の挑戦について書きます。

当院を開業するときにまず思ったこと。
「車イスで何不自由なく治療が行える歯科医院にしよう」

学生時代に、岩手医科大学「医療を考える会」というサークルでのボランティアに参加させていただいたという経験からです。


車イスで普通に来院できて、普通にトイレに行けて、普通にブラッシングできて、普通にカウンターで対応できて・・・・もちろん治療も普通にうけれて、そんな歯科医院があったら素敵だなと思いました。


開業前の設計段階のときはかなり設計士さんとシュミレーションを繰り返しました。その結果通路の幅、トイレスペース、ブラッシングコーナーの高さ、受付カウンターの高さ、診療台の種類、診療台周囲の広さ、すべて車イス対応としました。また個室には車イスから降りないで直接、治療ができる診療台を設置しました。


次に車イス対応のスロープをつけることになりましたが、実際に車イスでスロープを登ってみると、これまた結構きついのです。眼で見るとスロープなんてたいしたことなさそうなのですが、実際に自力で車イスで登ってみると大変なのです。


ですからスロープはナシにしました。そして盛り土、整地をくりかえしてもらい、駐車場から玄関の自動ドアまでのバリアフリーにしてもらいまいした。


しかしここの干拓地は一年に5cmの地盤沈下がありますので、最低2年に一回はアスファルトを玄関のところに段差が出来ないように工事していただいております。自分としても精神的にも歯科医院の敷居はなくしたいという思いが強かったので、とにかくバリアフリーにこだわりました。


クルマイス

医院の中にも車イスを常備しています。
お気軽にご利用ください。
ユニット

当院の診療台は全て、ステップ(足のせの台)がないものにしております。
したがって転倒のリスクがかなり軽減されます。
このほかにもクルマイスからそのまま治療できる診療台も常設しております。
(これはいつか別の機会にお知らせいたします)
入り口の敷居

大雨、台風のときは浸水覚悟で敷居をなくしました。自動ドアにしました。
バリアフリー1

駐車場まで車イスで来ていただければ、診療台やトイレまでひとつの段差もありません。
ご安心ください。
鶴田歯科医院は車イス対応、バリアフリーの歯科医院です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tsurutainchou.blog66.fc2.com/tb.php/8-68e6bb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。