いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
母校
2010/05/10 00:10 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!

長崎県諫早市の鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

諫早市のほぼ中央に位置する小高い丘の上にみはる台小学校は建っています。

私はその学校の初めての卒業生でした。
5年生までは土師野尾小学校でしたが廃校になったために6年生に進級と同時に新設されたみはる台小学校に通うことになったのです。

木造だった土師野尾小学校に比べ鉄筋コンクリートで3階建ての新しい小学校は感動的でした。
(土師野尾小学校は映画「ニ十四の瞳」に出てくるようなたたずまいでした。それはそれで歴史を感じるいい伝統があったのです)

ペンキの乾いたばかりのなんともいえない匂い、黒板や棚、机、床などすべてが新しく、そしてピカピカと輝いていました。

そして土師野尾小学校ではなかった体育館がそこにはありました。とても美しく、まるで夢のようでした。

小栗小学校に通っていた栗面地区からも転入生があり一学年一クラスだった教室は2クラスになりました。友達が増えたことはとてもうれしいことでした。

もちろん教職員の先生方も新しいみはる台小学校に対し、一丸となって教育に情熱を傾けられている姿がありました。

すばらしい小学校でした。先日、育友会の会議があり20数年ぶりに校舎の中へ入りました。

教室や図書室や掃除をした場所などを覚えており、職員室を覗き込む低学年の子どもたちの向こうに、あのときの情景がよみがえってきました。

私の担任だった内野先生、校歌を作詞された早田先生。歯磨き指導に熱心だった養護教諭の荻山先生。

そして、図書室へ2年生になる私の息子を迎えにいくと、息子が広げていた本も私も読んでいたことのある、あの本だったのです。

とても懐かしく思うとともに一瞬タイムスリップしたような錯覚になりました。

ですからみはる台小学校は大好きです。

今年でちょうど創立30周年を迎えるそうですね。

今後も活気あるこの小学校が、地域が誇ることのできる、すばらしい小学校であることを願っております。


スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。