いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
鬼火の準備
2010/01/03 20:11 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

鬼火ってご存知です?
百科事典でしらべても妖怪のことしか書いていないかもしれません。

九州地方で小正月を祝う伝統行事なのです。
巨大な竹の焚き火をして、その残り火で餅を焼き無病息災を祈ります。
私が小さいころは早朝にやっていたのですが、最近は夕方行っています。

年末にきっておいた竹を2週間ほど乾燥させて、それをひとつに束ねます。
その準備が今日、私の住む平山町こども会のお父さんや地元の方々と一緒に協力して作ったのです。

それではその鬼火の準備をレポートします。

s-IMGP1483.jpg

周りに建物などがない広い田んぼが鬼火のステージです。
手前には昨年きっておいた竹が並べられいい具合に乾燥しています。
この竹は小学校高学年の子どもたちも手伝ってくれました。

s-IMGP1484.jpg
場所を決めます。

s-IMGP1490.jpg
穴を掘って中心に一番太い竹を埋めてできるだけ垂直に・・・
とたんを周囲に敷きます。

s-IMGP1491.jpg
支えを放射状に張り、ワイヤーで固定します。

s-IMGP1496.jpg
そして竹の根の方を上に重ねていきます。
重いほうが上になるので結構重労働です。

s-IMGP1501.jpg

最後に回りを一周ワイヤーで締め上げます。
風が吹いて倒れないようにしないといけません。

s-IMGP1504.jpg

みなさん手慣れたもので、1時間30分ほどで完成です。
これに火がつくとスゴイ勢いです。
竹がはぜる音がいたるところから聞こえます。

鬼火の点火は1月9日土曜日の17時30分ころ。

s-IMGP1500.jpg
こども会の行事とはいえ大人もたのしみます。
このなかに日本酒をいれて火のソバで暖めます。
燗です。

s-IMGP1499.jpg
そしてこれでのみます。

竹の香りと温かい日本酒が幸せな気分を盛り上げてくれます。

諫早市でもほかの地域はどうなんでしょうか。
やっている地区があったら教えてくださいね。
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。