いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
審美歯科・ホワイトニング外来日をつくりました。
2009/12/05 18:23 [Sat]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。



審美歯科・ホワイトニング専門の外来日をつくりました。
最近は、歯を美しくしてほしいと願う方が増えてきたからなのです。

毎週土曜日の午前9時から11時30分まで
歯の色でお悩みの方は、「審美歯科・ホワイトニング外来」をご利用いただけましたら幸いです。
   

歯の色が暗いのがコンプレックス。
いつも話をするときや笑うときはつい口元に手を当ててしまう。


家族から、「歯の色がきたない。ちゃんと磨いているの?」と言われ鏡をみたら、歯が黒くなってきている。どうして?虫歯かな?

歯石を取ってもらっているのに、歯が年とともに黄色くなってきているのを実感している。しかたがないのかな?

数年前に入れた前歯が変な色になってしまった。笑うと一本だけ変な色。

歯ぐき とかぶせた歯の間が黒くなってきた。
また虫歯?これって歯周病?
このままだと、どうなっちゃうのかな?


実は、これらの悩みには最新の歯科医療技術を駆使することで、そのほとんどが改善することができるのです。

歯に痛みがなく、おいしく何でも食べられるということはとてもすばらしいことです。

しかし、歯は顔の表情の一部でもあり、歯なんて痛くなけりゃなんでもいいんだ、という時代ではありません。

「この人、何歳くらいだろう」と人の年齢をみるときにはかならず口元も見るはずです。確かに歯が痛くなく噛むことに不自由はしていなくても、歯の色が茶色や黄色くなっていたり、かぶせた歯が変色し、目立ってしまっていては、実際の年齢よりも年老いて見えるかもしれません。

また歯の色にたいしてコンプレックスを持ったままだと、精神的につらい毎日を過ごすことになってしまうのです。

笑顔を思いきり出せなかったり、口元に手を当てて人とお話しをしないといけないということは、やはりそれは大きなハンディキャップと言えるのではないでしょうか。

それを解決するのが、「ホワイトニング」を含めた審美(しんび)歯科治療なのです。


審美(しんび)歯科とは読んで字のごとく、お口の美しさを追求した治療のことです。
最近は「歯を白くして欲しい」という願いで来院される方が増えてきています。

ここ最近、とくにニーズが高まってきたため、審美歯科治療に関しては、この数年間で1200以上の症例を経験させていただきました。

そのおかげで、大学の専門家に詳しいデータを提供することも、歯科医学誌に症例の報告をすることもあります。

症例数も多いことから、メーカーから開発のための助言を求められることもあります。

「歯を白くしたい、美しい歯になりたい」

「かぶせものを、きれいにして自分の歯とわからないようにしたい」

「結婚を控えているので、歯の色は美しくしてほしい」

「黄色い歯を白くしたい」

「審美歯科・ホワイニング外来」はそのような方に受診をおすすめいたします。




ただ虫歯・歯周病を治すだけではなく、より白い歯で、そして美しく笑顔を引き出すことを目的とした審美歯科に限定した外来です。

当院で、この外来での受診をご希望の場合は、「審美歯科・ホワイトニング外来」でお願いします、と一言お伝えください。

受診当日はまず診察の前に、コンサルテーションルームで、現在の症状やお困りのことを詳しくトリートメントコーディネーターが記録いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。