いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
理想の歯科医院
2009/05/01 21:11 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

先日、ごそごそと部屋のかたずけをしていたら、なにかたくさん書きためたファイルがでてきました。「私の理想の歯科医院」と書いた原稿。

何これ?

そうか開業して間もないころに一生懸命、書いたことがあったけなあ・・・

こりゃきっと恥ずかしいことが書いてあるんだろうな・・・
と思い、おそるおそる読んでみました。

すると・・・結構リアルに鋭いことが書かれてあり驚きました。

これは私のひとつの「思い」であり、「願い」であり、「決意」でもあったのです。

以下、その文章を記します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の理想の歯科医院             

あなたは、大切な人にすすめることができる、「いい歯科医院」を知っていますか。
あなたにとって「いい歯科医院」とはどんな歯科医院なのでしょうか。

歯科医院で大切なもの、それは歯科医療技術です。
それ以上に大切なものは、あなたを理解しようと、しているかどうかではないことでしょうか。

医療は人が行うものです。
自分がしてほしいことを、すすんでその医院のすべての人が、当然のように行うことができる。

そう、すべての人が・・・・・

いい歯科医院・・・・それは、働いている人、すべてが輝いている歯科医院

「29歳女性。会社員の場合」
彼女は以前から口の中が気になって仕方がなかったけれど、ずっと我慢していた。

奥歯には詰め物がとれて、穴があいているところがある。痛くはないのだが食べ物がつまりやすく気になる。

最近は、朝起きたら口の中がねっとりしていて気持ちが悪い。歯磨きすると必ずといっていいほど血が出るので、実は、このことも気がかりであったのである。

しかし、以前から歯医者にかかることは、どうも苦手であり、忙しいことを理由に、なかなか歯科医院へ足が向かなかったのである。

しかし会社の同僚から、「あそこは違うから是非行ってごらん」と、すすめられたのをきっかけに思い切って行ってみることにした。

恐る恐る、電話で予約を入れると、すぐに電話を取ってくれ、明るい声で、気持ちよく応対してくれた。

これまでの歯科医院の電話対応とは違い、予想以上にあかるい対応であったため、彼女の憂鬱な気持ちがすこし晴れてきた。なんだか安心した。

その予約の日、彼女は不安な気持ちでその医院に到着した。

正直、来た道を何度もUターンして帰ろうかと思ったくらい、いつも通る道のりがとても長く感じた。

入り口の自動ドアが開いたら、実に清潔な新しいスリッパがきれいに整然と並んでいる。
誰が履いたかわからない薄汚れたスリッパでは決してない。きっちりと消毒してあるようだ。

そして驚いた。
受付の女の子が「こんにちは。○○様ですね、お待ちしておりました。」と彼女の名前を呼び、元気のよい明るい声で挨拶してくれる。

待合室は広く開放的で、明るく、掛け心地がよい椅子が置いてある。歯科医院独特のあの薬のにおいがまったくしない。

掲示板にはいろんな歯の豆知識や医院の情報が書いてある。すべて手作りのようで、親近感がある。読むのが楽しい。

診療室の入り口にはどんな歯科医師がいてどんなスタッフがいるのかがわかるような自己紹介プレートが貼ってある。

しばらく待っていると名前を呼ばれた。一瞬「ドキッ」とするも、すぐに診療室に行くわけではなさそうだ。

治療前の問診は、プライバシーが守れる個室(コンサルテーションルーム)で、受付の女の子が自己紹介をしたあと、親身になって問診をとってくれた。

そして、その人は問診だけではなく、彼女のこれまでの治療してきた口の中の歴史や、治療にたいする希望や、これまでの口のなかの悩みや、不安を真摯に聞いてくれる。

彼女がこれまで苦手だった歯の治療のこと、どんなときに痛いことがあったのか、不快な思いをしたことがなかったか・・・

そして今後どんな口の状態にしていきたいか・・・・細かに聴いてくれる。

彼女はこれまで、こんなに自分のことを熱心に聴いてもらったことはなかったし、自分の歯について真剣に考えたこともなかった。

そして自分の悩みにすごく共感してもらったことに感動し、自然に涙があふれてきた。

いよいよ診察があるという。

治療室の扉を開けると、それぞれの治療台から明るい声でスタッフの女性の声がはじめて出会うはずの彼女たちに明るい声で「こんにちは!」と元気に明るい声で、挨拶してくれる。

口の中を今日あったばかりの人に見せるのはやっぱり勇気がいるのだけれど、ここの歯科医はマスクをとって私にちゃんと挨拶し、自分の名を名乗り、名刺まで手渡してくれた。

もちろん言葉遣いも丁寧である。

これまでは、歯科医と初めて会うなり「ちょっと見せてください」と、治療台をたおされて口の中をみられ、歯を触られていた。

そのときは、まさに「まな板の上の鯉」の状態だったが、どうやらここは全く違う様子だ。

歯科医は先ほどのコンサルテーションルームでの問診の内容を詳しく復唱してくれて、彼女のことを十分に理解しようとしている。

そして彼女が話しやすい、楽しい雰囲気を作ってくれる。
リラックスできるように、ユーモアを交えながらいろんな話をしてくれる。

今日はいきなり歯を削ったり、抜いたりはしないので、まず治療に入る前にお口の中をよく見せてほしいという。

「私は毎日何十本もの虫歯や歯周病にかかった歯を見ています。ですから恥ずかしがらずに、肩の力を抜いて、気を楽にして治療を受けてくださいね」と歯科医は言うが、やはりいざとなったら緊張する。

いよいよチェアーが倒され、勇気を振り絞って口をあける。

するとその歯科医はリズミカルに歯の状態をアシスタントに伝えていく。いきなり歯を強くたたいたり、強い風をかけたりもせずに丁寧に、歯を一本一本、チェックしているようである。

チェアーが起こされ、うがいをすると「これまで大変だったのですね。つらかったのですね」と優しい言葉をかけてくれる。ここの歯科医は「なぜここまでほっといたのですか?」、ではなかったのだ。

予想どおり、虫歯が他にもあり、歯周病もある程度進んでいるとのこと。

今日は、あなたの今後の治療にたいする「ご提案」をさせていただくために、まず、資料集めをさせてほしいという。

レントゲンをとったり、口の中の写真をとったり、歯グキの検査の内容について詳しくリーフレットを用いて検査の目的や必要性について詳しく話してくれる。

検査中も、歯科医やアシスタントの人たちは、彼女がつらくないか何度も気遣いの言葉をかけてくれる。

検査が終了したら、アシスタントの女の子が、笑顔で「○○様、今日はおつかれさまでした。」とにっこり微笑んでくれる。そして彼女のスケジュールをよく聞いて、無理のない時間に次の予約を入れてくれる。

診療が終わり、受付で会計を済ませると、ちゃんと明細入りの領収証と、保険証も両手で持って大切に手渡してくれる。

おつりも使い古しの千円札ではなく、シワひとつない新券である。
そんな小さな気配りが自分を大切にしてくれているんだ・・・と彼らの思いが伝わってくる。

受付の女の子の笑顔がとてもよく、「今日ここに来て本当によかった」と彼女は心の底からそう思う。

帰りにスリッパを脱いで、使用済みのケースに入れ、自分の靴を探したら、いつの間にか履きやすいように、きれいに並べ直してあった。

その瞬間、次の予約がとても待ち遠しくなった。

そして彼女はこう思った。「この人たちとまた会いたい」

彼女はこれまでの歯科医院に対するイメージがこれまでとは、すっかり変わっていた。

あんまり、いい歯科医院だったので、つい知人に紹介したら、早速その翌日、その人からお礼の電話がかかってきた。

そんな歯科医院。あなたは知りませんか?
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。