いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
院長の大切な仕事
2009/02/09 21:38 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


私は医院の設備や備品などを、どちらかというと積極的に購入させるほうだと思います。

より良い仕事をするために必要なもの、快適なもの、みんなが役にたつものなら買ってもいいと思います。

制服やシューズもそうです。コピー機やパソコンだって。
スケーラーや、ダイヤモンドポイント、バー。
ファイルやリーマー、グローブだって何種類もあります。

ただ、価格が安いものだけで品質や機能が劣るようなら無駄になるので、きちんと検討してから買おうね、と言っています。

だから、多分私がそのように考えているので医院の中にはとりたて不足しているものはすくないのではないでしょうか。

これは大切なことだと私は思うのです。


話は変わりますが、当院にはメンバーの休憩室が2部屋あります。

ひとつは女性用の休憩室とロッカールーム。その中には歯磨きができる洗面台もあります。
そしてもうひとつは男性用。つまり勤務医と歯科技工士がゆっくり休める部屋。ソファもあります。

当初は「また無駄なものを・・・」と笑われたものでした。

しかし、これは私が開業したときに、絶対に必要なものとして建築したものです。

それは私がまだ修行の身であるとき、ある医院に非常勤歯科医師として伺ったときのことです。
5階建てのビルすべてが歯科医院という大きく立派なものでした。
診療室や待合室もおしゃれにデザインされており快適です。

もちろん、多くの患者様が来院されるので忙しく、そして午前中の診療が終わって昼食をとろうとしたのですが、勤務医の休憩室がない。

薄暗い階段に腰掛けて昼食を食べました。
そして、休憩時間はそのまま、壁に寄り添って転寝をしました。

私は思わずため息をつきました。そして憂鬱な気持ちになりました。
「社員のくつろぐ場所は絶対に必要だ・・・」

お昼休みにはくつろいでおいしく、そして楽しく昼食をいただくことはとても大切なことだとおもいます。

ですから、自分が医院を作るときは一緒にはたらくメンバーがお昼休みをたのしくすごせるような空間を作りました。

散々悩みましたが畳敷きにしました。
せめて休憩のときくらい足を投げ出して休んで欲しいと考えたからです。

その思いが通じてか、メンバーはこの休憩室をとても大切に使ってくれます。
いつも整理整頓がなされ、とてもきれいです。

この部屋の中から掃除機をかけている音が聞こえてくると、思い切ってこの部屋を作ってよかったなと思う時です。

そんなメンバーたちを私は敬愛しています。



本当の「無駄」というのは「やる気にさせる環境を整えないこと」だと私は思います。

そこに働く人、それぞれが快適になり、幸福を感じられるような使い道をするのならそれは決して無駄な出費にはならないと思うのです。

私がメンバー全員とともに研修旅行を毎年恒例として続けているのも、みんなが心地よく羽を伸ばし、お互いに絆を強める助けになるからなのです。

学会やセミナーに参加するときにもなるべくキチンとしたところに泊まるのも、医院の代表としてがんばって欲しいからなのです。

華美や必要以上の贅沢はいけませんが、メンバーがより快適に過ごすための努力をするのも院長の大切な仕事だと私は思います。
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。