いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
2009年の行動目標(その3)
2009/01/29 18:00 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

2009年の行動目標(その3)です。


5、歯科医療技術の研鑽のため学会、セミナー、への参加

一昔前ならむずかしかった治療が、最近は、技術の向上で安全に行えるようになってきています。

歯科医療技術の進歩は目覚ましく、私たちはその技術をリアルタイムに吸収しそして臨床の場でフィードバックしていく必要があります。

年間を通じて学会やセミナーに参加し、あたらしい技術を習得することは私たちの大切な仕事なのです。

6、学術系以外のセミナーにも参加する

他業界のセミナーに参加することでたくさんの気づきを得ることができます。
広い視野に立った柔軟な考えや発想が今の歯科医療には必要です。

そして今後の医院のシステム作りの参考になります。

また、3年前から参加している歯科医院のマネジメントセミナーに今年も一年を通じて参加します。このセミナーを通じて全国のすばらしい先生との出会いがありました。

そして確実に鶴田歯科医院は成長してきました。そのほかにも異業種の方との交流が思わぬ気づきを得ることも多いことも事実です。

昨年も東京や大阪など、何度かセミナーへ出かけました。今年もまた挑戦します。

 
7、4月から入社してくる新入社員へ、心を込めた教育を実施する

今年は2名の内定者が決まっております。私たちと同じ仕事観を持ってもらうことがおおきな目標ですが、新人の笑顔が輝き、歯科医療に携わることに誇りをもてる新人教育を行っていく予定です。
鶴田歯科医院はよき医療人を育てることを使命と考えています。

8、予防クラブを設立する。

私は歯科医師として常々、「歯を削らずに、抜かずに、そして悪くならないようにするため」にはどんな方法がいいのかを模索し、また日々苦悩しています。

「歯を削らずに、抜かずに、そして悪くならないようにするため」それはずばり定期管理型歯科医院を構築することにあったのです。

わかりやすく言うと、「歯の健康な人が、自分の歯の健康を維持するために、定期的に自らの意志で来院することができる歯科医院。」

そこでは歯を削る不快なドリルの音は極端に少ないのです。歯科医院独特のあの、いやなにおいや、怖い雰囲気もありません。
訪れる方々は歯が健康なので笑顔です。「歯の治療」ではなく、歯磨きや歯石取りやお口の健康指導などのメインテナンスが主な業務なのです。

「思いがけず虫歯が大きかったから・・・」と治療時間も長引きません。待ち時間も少ないのです。歯科医師、歯科衛生士もみんな忙しい雰囲気もなく、ニコニコと楽しそうに仕事をしています。

通うたびに歯に対する意識が高くなり、歯がきれいになり、そして気持ちいい、心地いい、そして通いたくなる歯科医院。それが「定期管理型歯科医院」なのです。その第一歩として予防クラブを結成します。

9、研修旅行を実現させる。

今年は開院して5回目の研修旅行となります。

日ごろの診療だけでは得ることができない感動をメンバー全員で味わうために、今年も研修旅行を実現させます。昨年は携帯電話の電波が届かないような山奥の一流の温泉旅館ですばらしい研修を行いました。
新しい自分を発見する、夢を語り合えることができる研修旅行にしたいと思います。

10、小冊子第2弾の発刊

昨年7月、私は小冊子、歯が痛くなる前に読む本「予防歯科をはじめよう」?歯医者さんとの新しい付き合い方? を発刊いたしました。その反響は大きく、全国から小冊子の請求がありました。これには私も驚きました。
院内でもご希望の方にお渡しすることがあるのですが、4ヶ月あまりで500冊がなくなり、また新たに増刷するということになりました。感想もたくさん寄せられました。これにより、皆様の歯にたいする意識の高さを実感したしだいです。

私は現場にいる歯科医師としてもっとたくさんのことを広く皆様方にアドバイスしていきたくおもっております。そのためには小冊子第2弾。「もっと大切にできるあなたの歯」の原稿を書いております。2009年夏までには発刊できるようにしたいと思います。

この小冊子は近日中アマゾンで購入できるようにしようと思います。

以上が私、鶴田博文の2009年の年間行動目標です。


おわりに

またまた私の大好きなイチローの話です。

イチローがメジャーに行くずっと前、長崎にプロ野球の親善試合で来たときの話です。

試合が終わって、他のチームメンバーが長崎観光に行っている間も、たった一人球場に残り、もくもくと練習していたことを、ある関係者の方から聞きました。

きっとイチローはそのころから「日本のイチロー」から「世界のイチロー」へ飛躍することをすでに目標として持っていたのだと思うのです。

目標を明確にするということはとても大切なことではないでしょうか。

以上が私の年間行動目標でした。

この一年、楽しく夢をもって仕事に勉強、遊びに全力を尽くしたいたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。