いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
私の2009年の目標(その1)
2009/01/24 18:55 [Sat]
category:未分類
みなさん こんにちは 長崎県諫早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。
今日は2009年年間行動目標(その1)をお伝えいたします。


PICT6060-s.jpg
1、笑顔、「ありがとう」の言葉が、あふれる歯科医院を創造する


歯科医院は「怖いところ、痛いところ、待たされるところ、対応が悪いところ」。

そういったイメージがあると、以前はよく耳にしました。

そこで、私は「患者様に楽しんで来院していただく歯科医院作り」を創造します。

すべては自分が原泉です。

まわりを笑顔にすること。挨拶を元気にすること。返事を元気にすること。
2009年は、これらのことに、徹底的にこだわりをもちたいと考えます。

これまでの歯科医院のイメージを変えてみたいとも思います。
「歯科医院に行くと明るくなれる」「怖くない」、「痛くない」、「通うのが楽しい!」、そんな声が聞こえてくる歯科医院を作り上げたいと思っています。

2、予防歯科システムを確立する

歯は痛くなったときは遅すぎることがあります。

「8020運動」って知っていますか?「80歳で20本の歯を残そう」という運動です。人が不自由なく食事ができる歯の本数は28本です。

しかし、今の日本の現状では80歳ではわずか6本程度しか残っていないという研究報告があります。

これではおいしい食事を心から楽しむことはできないかもしれません。
80歳に20本残すためには、毎日の正しいブラッシングと、定期健診が絶対に必要だと思うのです。

これは治療が終了してからも定期的に歯科医院を訪れていただき歯石を除去すること、そしてもっと大切なことは専門家(歯科医師、歯科衛生士)による必要なアドヴァイスをさせていただくシステムを具体的に確立することが急務なのです。

私は大切なあなたの歯を削ったり、抜いたりしたくありません。

本来、私たちの仕事は歯を削ることではなく、歯を守ることなのです。

私は、歯が健康な人や、すでに治療が終了した方が、自ら定期健診を受けることが積極的に利用できる、予防歯科システムを確立するために全力を注ぎたいと思います。

(続く・・・)
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。