いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
歯科医院の院長先生へお奨めの本
2009/01/13 23:13 [Tue]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

久しぶりにいい本と出会いました。
歯科医院の院長先生限定でご紹介します。

s-IMG_0001.jpg

”できる”スタッフが育つコミュニケーション術(クインテッセンス出版)という本です。
(amazonでも買えます!クインテッセンスなので歯科材料店でも買えます!)

ある歯科医院の院長先生が書かれたこの本。

一見ノウハウものかと思いきや・・・全く違います。

開業した二十年を経て悪戦苦闘の末につかんだ人材教育の成功法則が見事に語られています。

赤本を読んだときの衝撃に近いものがありました。
私にとってはこの本の定価の数十倍以上の価値がありました。

たくさんのマネージメントに役に立つ他業界の組織つくりやチームつくりの考え方を歯科医院に限定的に落とし込んでいます。著者の安藤先生。すごく勉強されていらっしゃいます。その知識には驚愕します。

私は思わず襟を正してしまいました。
とにかくいい本なのです。

歯科医院は人材育成がとても大切です。

毎日の仕事に心を込めてやりきることがいかに大切か。
私は仕事ほど人を成長させるものはないと思いました。
仕事には責任がつきます。
責任を持てばかならず、その人ができていないことがあればそのことを指摘します。
指摘された人は社会に迷惑をかけるわけにはいきませんからがんばります。
指摘した人は責任をもってその人ができるレベルに成長するまでフォローアップします。
厳しいことはいうけれど、その人のためを思って言う。
それが愛情ではないでしょうか。忙しい時間の中でもその人のために考えてあげるという習慣がその歯科医院の中にあれば、その歯科医院はかならず来院者の方々にとっても心地よい場所になるのだと私は思っています。

当たり前のことかもしれませんが、そんなプロ意識が育つような文化を育みたいものです。


実は、五島光さんからのお奨めで読んでみました。
「今の鶴田先生にはこの本なんかいいんじゃないですか?」と教えてもらったのです。
見事に今現在の私のツボにストライクど真ん中でした。
こんないい本を教えていただいて、五島さん。ありがとう!

五島さんのブログはコチラ!

ちなみに1月7日のブログは鶴田歯科医院が登場していますので、ごらんいただけましたら幸いです。
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。