いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
いい就職のコツ
2008/11/19 01:08 [Wed]
category:未分類
長崎県諌早市の歯科医院。鶴田歯科医院の鶴田博文です。
ただいま、歯科医師(小児歯科医・口腔外科医)・歯科技工士(来春卒業予定者)・歯科衛生士の求人を行っております。当院にご興味のある方はHPの求人フォームより資料請求した後、見学をお申し込みいただけましたら幸いです。歯科医療に情熱をもってとりくんでいただける方を募集しております。



先日、私の後輩のT君から、相談の電話がありました。

彼は歯科医師で、現在K県にある歯科医院に就職を希望しています。

そこで、Aという歯科医院、Bという歯科医院、Cという歯科医院、どこに就職しようかいろいろと悩んでいるそうなのです。

「どんなことで悩んでいるの?」と質問したところ、それぞれの医院について、給与はいくらで、朝は何時からで夜は何時まではたらいて、土曜日曜、祝日の診療があるかないか、また、その医院の将来性がどうで、自分はこんな技術がつけることができる・・・ということを言ってきました。

「じゃ、君はA,B,C,のどの医院の院長のことが一番好きなの?」と言ったところなかなか返事が返ってこないのです。どうやら電話の向こうではポカンとしているようなのです。

この3つのうち、実際に院長にあって話しをしたのは、なんとたった一つしかなかったそうです。

残りの2つは大きな歯科医院だったため事務長が対応したり、経営コンサルタントらしい人だったというのです。

そこで私はアドバイスしました。

とにかく一度、5分でもいいから院長に合って話をしてみたらどうだろう。
そして、「あなたは将来的にどんな医院をめざし、そしてどんな医療を実践したいのですか?」って質問してみたら。

つまり、どんなビジョンをもっているか、どんな気持ちで医院を運営して、なにを目的としているのか、などということをちゃんと聞いてみるのです。


するとT君は、「なんでそんなこと聞くのか?って逆に質問されちゃいますよ」と心配しているようです。

「私はまだ独立するまで経験が必要です。具体的な独立したときの夢を描ききれないのです。だからこそ、今一生懸命夢を描いている人の力になりたいのです。」と堂々と聞けばいい、と私。

「初対面でそんなこと聞くんですか?」

「そうだよ、今ボクも勤務医を募集しているけれど、一番大事なことはボクの夢や目標に共感してくれるかどうかなんだよ」


どんなに給料や福利厚生がよくても、院長の考えを理解し、そして共感できないのに働くのは、とてもよくないと思うのです。

つまり、このトップのためならと思えるからこそ、一生懸命がんばろう、という力が湧いてくるのではないでしょうか。

ホームページやパンフレットに載っている表面的な情報や、求人票に出ている条件だけで就職するのはではなく、人をしっかりと見ることが重要なポイントではないのでしょうか。
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。