いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
銘酒「川越」
2008/11/14 00:08 [Fri]
category:未分類
皆さん こんにちは

長崎県諌早市の歯科医院。鶴田歯科医院の鶴田博文です。
ただいま、歯科医師(小児歯科医・口腔外科医)・歯科技工士(来春卒業予定者)・歯科衛生士の求人を行っております。当院にご興味のある方はHPの求人フォームより資料請求した後、見学をお申し込みいただけましたら幸いです。歯科医療に情熱をもってとりくんでいただける方を募集しております。




「白玉の歯にしみとおる 秋の夜の酒は 静かに飲むべかりけり」、これは若山牧水の詩です。

今夜のような満月が美しい夜には、酔うほどに生きる幸せを感じ、そして一日の疲れを癒せる酒をしみじみと飲みたいものです。

今日はそんなお酒をご紹介します。

宮崎県の川越酒造場が誇る本格芋焼酎、「川越」。

s-IMGP8322.jpg

「芋焼酎なんて、くさくて飲めねえ!」とかいうお方に是非飲んでいただきたい銘酒です。

まず、匂い。
これが芋焼酎なのに、フルーティーなのです。

朝掘った芋「黄金千貫」とかいう逸品を原料にしているからのでしょうか。
その芋を、その日のうちに処理し83もの工程を経て作られるといいます。

しかも飲みやすい。

芋焼酎特有のコクがある上、アルコール臭さが皆無。
飲んだあとになんともいえない柑橘系の香りが鼻にほんの少し残ります。
口に含んだままでもチーットも臭くない。

でも、「俺様は芋焼酎を飲んでいるんだ!」っという味はしっかりとしています。

グラス一杯飲み干すころには、胸の奥から、気持ちの良い、暖かい感覚が沸いてきますよ。

学生時代、芋焼酎といえばおいしくなく、仕方がなく酔っ払うために飲むもの、というイメージがあったのですが、この芋焼酎は、限りなく高貴な飲み味です。

一昔前までは、なかなか手に入りにくく、エンスーな酒屋さんでしか販売していなかったのですが、今日、当院の近くにある”ドラッグストア モリ”さんでしっかりと販売されていました。びっくり仰天しました。

以前、「川越あります」と自信たっぷりに張り紙がしてあるちょっと敷居の高い酒屋さんにおそるおそる入って、小声で「川越ください」と言ったところ、「もう売り切れたよ、もっと早く来なきゃ。」と高飛車に言われ、「なんだかなあ」と落ち込んだことがあったのです。その反動なのか、思わず2本も購入してしまいました。

ちなみにこの「川越」。
全日空の国際線プレミアムシートに標準装備されている芋焼酎なのだそうです。

水平線を眺めながら高度15000ft.で飲む「川越」。

さぞかしおいしいのでしょうね。

でも、「これに合うおつまみを・・」といったら何がでてくるのでしょうか。

とても気が利く全日空のことですから、多分鹿児島産の「さつま揚げ」が出てくることが予想されます。

しかし、私はここで、あえて全日空に提案したい。

是非、銘酒「川越」を大切なお客様にお出しするのであれば、有喜の「おうめしゃんきゃんぼこ」+マヨネーズもセットで標準装備していただきたい。

この「おうめしゃんきゃんぼこ」こそ、きっと世界標準になるくらいに芋焼酎に合う逸品なのです。

新鮮なジゴ(魚のはらわた)も一緒にすり身にしているせいか、見た目はおいしくなさそうだけど、その珍しい独特の風味にきっと世界の人が驚くにちがいありません。

もし、このブログを全日空の関係者の方が読まれたら、すぐに客室サービス向上委員会なるものに企画書を書いてみてください。

たった、これだけで他の航空会社より一歩前進すること間違いありません。

どうぞよろしくお願いします。

さて、ここからは、蛇足です。
まだ続きますが、もうちょっとですので我慢して読んでください。

うまいのは良くわかったけど、「焼酎なんてダサくて飲めないわ」とおっしゃる20代の女性の皆様には失敗しない飲み方を・・・

この川越を、氷をいれたグラスに、「ミネラルウォーター:川越=7:3」で割りましょう。

そこへ、今日「まるたか」で買ってきたばかりの新鮮なきゅうりをできるだけ薄切りにします。

できれば切断面積を大きくするために、斜めにうすーく、うすーく切りましょう。

ちょっと向こう側が透けて見えるくらいまで。

おっとっとと、指までスライスしないように気をつけて。

それを3枚、そのグラスに入れてください。

ちょこっと攪拌して、3分待つ。

からからと氷を混ぜてそっとグラスに口をつけて飲んでみてください。

なんと、○○○の味になるのです。
芳醇なまろやかな川越の味に、ふんわりと○○○の上質な香りがさらについてくるのです。

こんな、ちょっとした工夫でカクテル気分にもひたることができるのです。

この飲み方ですっかり焼酎のファンになっちゃった人もいらっしゃいます。

是非、お試しくださいね。

以上、銘酒「川越」の紹介でした。
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。