いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
サーキットの狼
2008/10/19 01:32 [Sun]
category:未分類
みなさん こんにちは! 長崎県諌早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。
ただいま勤務していただける歯科医の先生を募集しております。

みなさんは思い出のマンガはありますか。

小学生くらいでやっと字が読めるようになったころ。
誰もがマンガに夢中になったこと、ありますよね。

小学生のころ、読んでいたマンガは”どらえもん”や”ドカベン”でもなく、”まことちゃん”や”ガキデカ”でもなく、すばり”サーキットの狼”でした。

知っています?”サーキットの狼”

たぶん1977年ころだっと思います。少年ジャンプに”サーキットの狼”が登場し、毎週ワクワクしながら、近所の伸ちゃんのうちで読んだことを覚えているのです。

主人公の吹風裕矢の愛車”ロータス・ヨーロッパ”やそのライバルの早瀬左近の”ポルシェカレラRS”、他にも沖田の”フェラーリDINO246GT”、飛鳥みのるが駆る”ランボルギーニ・ミウラ”。
そんな見たこともない美しい車がたくさん出てくるのです。
ぞっこんになりました。

s-IMGP8112.jpg
これがロータス・ヨーロッパ・スペシャルのチョロQだ!思わずあまりの美しさに買ってしまいました。チョロQでも美しい車はそうありません。

マンガの中で、DINO246駆る沖田が公道グランプリで念願のトップに出てゴールする最後の直線で持病で突然死するシーンは子どもであった自分は悔しくて涙した覚えがあります。
主人公の吹風が流石島レースで弔い合戦をして、最後はF1ドライバーになって優勝したのか、しなかったのか、もう詳しい内容はもうかなり忘れかけています。

当時、実際に私が道で見る車のヒーローはハコスカとセリカLBとRX-3サバンナでした。
道でみかけると駆け寄って細部を眺めたものでした。
そんな時代。

そして、小学校の高学年になるときについに「スーパーカーブーム」が爆発したのです。
「スーパーカー大全集」を何度もよんで、車のスペックを暗記したほどです。

その中で記憶に残っている美しい車はメル○デスでもなくB○Wでもなく、やっぱり”サーキットの狼”で池沢さとしさんが描いたロータスヨーロッパやDINOやランボルギーニ、ランチアストラトスだったのです。すべてもう買うことはできない絶版ものばかり。

せめてミニカーでもと思うがやはり数が少ないのです。

プラモとかあったら即購入なのですが・・・

あ、マンガの話でしたね。
失礼しました。

それと、原稿ひとつ書き上げました。
ちょっと充実感です。
あともうひとつ!
あしたもカンズメでがんばるぞ。
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。