いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
歯の色見本
2008/08/08 21:22 [Fri]
category:未分類
みなさん こんにちは! 長崎県諌早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。

私は歯医者なので、歯の色にはとてもこだわっています。
「歯の色」って実はとても難しいのです。
私たちは、歯の色を決定するときには、このような色見本を使います。
”シェードガイド”といいます。

歯の色には、単なる白ではなく、「明度」、「彩度」、「色相」というものがあり、それらを考慮しながらアプローチしていきます。


IMGP6853-s.jpg

これらの”シェードガイド”を駆使して、それぞれの歯の色を決定していきます。
いくつかの色を一本の歯に使うこともよくあります。

自然な感じに見せるために、色に少しぼかしを入れたり、白斑や色素(ステイン)を意図的に入れることもあります。

たくさんの写真を撮ったり、仮歯を何度も作りなおして、色や形を決定することもあります。
歯科技工士と相談しながら色を決めることもあります。

そのほかにも、技工室で使用する拡散照明と診療室での照明を同じにしたり、色合わせ(シェードテイキングといいます)する時間と自然光が入射する時間を一定にしています。

また歯の表面のエナメル質といった組織に歯を切削する前に写真をとっておくことも大切なのです。
私の経験上、切削時、注水することで、歯の色に微妙な変化がもたらされることがあるのです。

もちろんこの色は、歯を作る材質にも大きく左右されます。

治療した歯が、満足のいく美しい歯になるととてもうれしくなります。
そして、患者様に喜ばれると、とてもやりがいを感じます。

歯は白いほうがいいのですが、違和感のない美しい色を出すために、
日々の診療で努力しております。

IMG_4311-s.jpg
自信作です!
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。