いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
夏の思い出(最終章)
2008/07/30 01:58 [Wed]
category:未分類
それから、10年の月日が流れた。

ウメツはボクの結婚式のときには札幌から飛んで来てくれた。
去年は福岡の学会の時に会って一晩寝ないで飲んだ。

今でも思い出したころ、クルマの話などを電話でする。
ボクにとっては最高の友人だ。

そのウメツが毎年夏が終わるころ、電話してきてボクを誘う。

「つるちゃん、今年こそよ、ラリー見に行こうぜ!そうよ、WRCだよ。うちはみんな女の子だけど連れて行くと喜ぶぜ。絶対生で見ないと損だよ!」

いきたいけど、毎年その時期はめちゃくちゃ忙しくて、とても北海道まで行くことはできない。


せいぜい、ボクの楽しみといったら、そのラリーが終わってからの総集編のDVDをネットで購入して見ることぐらいだ。



ついこの前のことだ。
昨年のDVDを仕事が終わってビール片手にボーッと眺めていた。

赤いチームカラーのメーカーのオフィシャルメカニックのチーフらしい人が映った。
メガネをかけてひげを生やしているやさしそうな顔。

どこかでみたことが・・・・・・・・・・・
どこかでみたことが・・・・・・・・・・・

あの夏の夜、トランザムに乗っていたワタナベさん!その人ではないか。
あのころにくらべて白髪が増えていたけれど、何度見てもやっぱりワタナベさんなのである。

ボクはとてもとてもうれしくなった。
そして、深夜にすごいスピードでかっとんだ、あの夜のことが鮮烈に思い出された。



その次の日だった。
子供と一緒にプラモを買いに模型屋に立ち寄った。
なんとミヤタさんから買ったGTI16Vと全く同じものがあった。
思わず購入してしまった。

早速つくろうと、フタをあけてパーツに塗装を始めたところ、急にミヤタさんのことを思いだして、涙がぼろぼろ流れてきて作るのをやめてしまった。

ミヤタさんのやさしい笑顔と、このボクに勇気を与えてくれたあの言葉はずっと、ずっと忘れないと思う。

「君はきっと人の心がわかる医者になれる。ボクにはわかる」

 
(完)


IMG_1918.jpg

----------------------------------------------------------------------
ボクが昔趣味で書いた原稿が部屋の整理をしていたら出てきましたので、大幅に加筆、訂正を加え再編集をしてみました。

基本的には事実に基づいていますが、フィクションですので、どうかご了承ください。

----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。