いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
夏の思い出(7)
2008/07/25 20:27 [Fri]
category:未分類
ゼロヨンのタイムなんて16秒をきるかどうかくらいだったと思うが、その迫力はやるほうにとっても、見る方にとっても最高だった。

この信号GPは町のカーキチや、走り屋の冗談から始まったようなものだけど、
絶対に勝てないというこのトランザムの出現で、話は格段に大きくなった。

べつに車が好きでないやつにとっても、たのしいことだったのだろう。

そのうち、このゼロヨンはえらいことに発展していった。
なにを勘違いしたのか、このゼロヨンを見物する連中が大挙してあつまるようになってきたのだ。

その数は週を追うごとに倍々で増えていった。

最初は、せいぜい10人くらいの車好きが集まっていただけだったのに、スタート地点の交差点は黒山の人だかり。

脇道には、びっしりと車が路上駐車している。
そして400m先にある4つ目のゴール地点まで、すずなりに若者たちがならんで見物しているのだ。
中にはこのゼロヨンをビデオ撮影しているヤツもいる。

生粋の走り屋以外の関係のない車、冷やかしとおもえるような参加の仕方をするものだから危険極まりない。

以前からやっている本物の走り屋たちは、4つ先の信号まできっちり走ったら、それ以上はスロットルは開かない。

そんなルールなんてとっくに崩壊していた。
しかも車線変更なんて平気でする。

当初は、深夜だれもいない時間にやっていたが、まだ一般の車が通行している夜9時前から、ホイルスピンやパワードリフトなどやるヤツがでてきた。
一般の車は、恐ろしくて走れたもんじゃない。

タバコの吸いがらや、買い食いしたゴミが路上に散らかる。
スプレーでの落書きが目立つようになってきた。

花火を始めるやつもいる。
意味もなくたむろして、そして奇声をあげて騒ぐやつらがでてくる。
こうなりゃ完全に夏の夜の単なるバカ騒ぎだ。

そして極めつけは暴走族がやってくるようになった。

これではさすがに警察もだまっていない。

案の定、毎晩のようにパトカーが数台、投光機までもちだし、それらしい車は厳しく取り締まりはじめた。噂じゃナンバープレートの写真までとっていたという。


当たり前だが、前からやっていた連中はゼロヨンなんかとっくにやめていた。
もちろん、あのトランザムもこうなってからは二度とその場所にはあらわれなかった。



お盆休みが終わり、この北国の地に帰ってきたときには、この周囲の道路にはバンプがたくさん作られており、時速40km/hで超えても結構な凹凸となって腹に響くようなつくりとなっていた。

 というわけで、ボクたちのゼロヨンは終わった。

しかし、あのトランザムだけは強烈に脳裏に焼き付いている。

(続く・・・)

----------------------------------------------------------------------------
ボクが昔趣味で書いた原稿が部屋の整理をしていたら出てきましたので、大幅に加筆、訂正を加え再編集をしてみました。

基本的には事実に基づいていますが、フィクションですので、どうかご了承ください。

----------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。