いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
ありがとう CLUBMAN
2009/04/28 00:09 [Tue]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

月刊CLUBMANというバイク雑誌がある。
その表紙がいつもと雰囲気が違う。

いつもの洗練されたバイクが溶け込んだ風景写真ではない。
白地に墨で「ありがとう」とだけ書いてある。

休刊するとある。

s-IMG_3352.jpg

”Car Ex”が突然廃刊になったときと同じくらいの驚きと無念さがよみがえってきた。
なんでこんなにいい雑誌ばかりが消えていくんだ・・・・


ボクが18歳の時。
バイクブームでレーサーレプリカ全盛のころ、この雑誌だけは違った。
まず写真がいい。
人もバイクも、いい写真ばかり。

「人車百景」という連載記事が好きだった。
輝いた顔をした60から70代のオートバイ乗りのインタビュー記事。

オートバイには人生の限られた時期にしか乗れない。
オートバイに乗るという行為自体が「若さ」である。

そう言った人がいた。

たしかに、オートバイはラクをしては乗れない。
複雑な動作や、体力と気力を使わせられる。
ちゃんと操作してやらないと、簡単に振り落とされる。

感性を研ぎ澄まし、そして緊張が強いられる。

いつかはボクだってオートバイを降りなければならない日が必ずやってくると思う。

だから、オートバイに乗るときは、今しかないその時間をとても大切にしたいし、幸せにすごしたいと考える。


発刊が1986年とある。
22年前だ。

228号で休刊となる。

18のときにはこの雑誌を買うお金はなく、毎月立ち読みしてたっけ。
まさに夢のようなオートバイばかりが載っていた。

この最終号は本当にいい記事ばかり。
編集部は渾身の力を振り絞り書き上げたのだろう。

付録のマン島TTのポスターも泣かせるくらいイイ写真。

最期のCLUBMAN。

980円。
本棚に一冊入れておくには安すぎる、そう思えるほどいい本に仕上がっている。
オートバイを降りる日まで、これだけは大切に持っておこう。

そしてボクからもこの言葉をおくります。

「ありがとう CLUBMAN」
スポンサーサイト
trackback --  comment --
Good luck in contest!
2009/04/26 20:34 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日はアマチュア無線の話です。
興味のない人はごめんなさい。

s-IMG_0736.jpg
(私、JA6VGKのシャックです)

愛機IC-7400の電源を入れると、”Good luck in contest!”の声。

何で?

ALLJA CONTESTは4月29日と決まっているのに!

聞けば、今年から、GW前直近の土曜日曜に変わったとのことです。

コンテストが終わるまで後5分しかないので、早速サービスに回る。
必死で6局ほどナンバーを交わす。

21:00(JST)コンテスト終了・・・・あの混信だらけの7Mhzがいっせいに静まり返る。



いまから20年前。
私は、寝てもさめても「ラジオ少年」でした。

諫早高校科学部無線班 JA6YAE は毎年このコンテストに新入生歓迎会と一緒に諫早高校の図書館棟で合宿していたことを思い出しました。

そのために寝袋を持参し、理科室の冷たいタイルの上にダンボールを敷いて、夕食はカップラーメンとパンの耳。

パンの耳は最初バター、マーガリン、ジャムでいくが、そのうち飽きてきてマヨネーズやチョコを溶かしてつけはじめるヤツがでてくるのです。

カップラーメンも2食連続でたべると、3食目は食べ盛りの高校生でもゲップがでそう。

コンディションが落ちたら夜更けまで部員同士でいろんなことを話しあい、開けたらすぐに戦闘態勢にはいって、オペレートしまくっていました。

そのとき新入生にいろんな電波のルールを教えることがとてもたのしかったことを覚えています。
今夜のALL JA、なるべく学生らしいクラブ局の声を探したけれど、さすがに少ないものです。

たどたどしいコンテストナンバーを交わすオペレーターの声が聞きたくて一生懸命ダイヤルを回したのですが、うまく受信できませんでした。

コンテストナンバーも20年前とは変わっています。

私の場合は”5942M”です。
RST+市郡ナンバー+空中線電力
59+42(長崎)+100Wを超えるのが”H”、50Wが"M”、10Wが”L”となっています。

カムバックされるかたはご参照ください。

当局のアンテナはあげて丸2年がたつので、今年の台風シーズンの前にいちどおろして調整しなおそうと考えています。

できれば以前購入したミニマルチの7Mhzのモノバンドバーチカルアンテナを何とかしてあげたいものです。

やっぱりボクはバーチカルアンテナが大好きなのです。

s-IMGP3673.jpg
この飛びは一度味わったらやめられません。

白木峰での移動運用ではペディション並みのパイルをうけたことも数回あります。
コールサインの確認がとれたら”59QSL!QRZ?”だけ!
サブオペレーターが欲しいくらい。
たまりません。

これから、春、夏にかけてEスポでもねらって50Mhzの6エレYAGIでもあげてみようかな、と思う今日このごろです。

少なくなった無線人口ですが、これからがシーズンです。
しばらくぶりにやってみたいかたや初心者の方、私でよければいつでもアドバイスいたします。
私だって3年前、あることがきっかけでまたカムバックしただけなのです。

これからはサイクル24の到来でコンディションに期待できそうです。
また一緒に楽しみましょう!
trackback --  comment --
久しぶりに唸った本
2009/04/23 21:30 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

ボクは本を読むのが大好きです。
ここ3年くらいはまともにハードカバーの本などはろくに読まなかったのですが、
あるセミナーで「人類でもっとも偉大な発明は本である」という言葉を聴いてからというものとくにビジネス書などにはまってしまいました。

昨日読んだこの本は久しぶりに唸りました。

s-IMG_3351.jpg

日本一メルセデスベンツを売る男(グラフ社)

という本です。

メルセデスベンツという高級車のトップセールスを記録した人の話です。
てっきりヤ○セのセールスマンかと思いきや、全く違いました。

トップセールスというと愛想笑いがうまくて優等生のような方だろうな、と思いきや・・・

この吉田さんという方は客の前でもノーネクタイ、ヒゲを蓄えていてドルチェ&ガッバーナのスーツ。
そしてフェラーリでお客様のところへ乗り付けるといいます。

それなのに、この吉田さんをお客が慕って集まるのだといいます。
そして紹介につぐ紹介で、メルセデスベンツという高級車を販売していくのです。

なにかテクニックがあるのだろうな、と思って読んでいくとそんなことは全くありませんでした。

この人は心からメルセデスベンツという車と、なにかしらの縁で出会ったお客様を本当に好きであるということだけなのです。

そのためには一切の努力を惜しみません。
いつ何時携帯がなっても必ずとる。休みの日も・・・
一日平均120件もの着信履歴がのこるそうです。
そしてお客様の相談に乗ってあげる、まるでホテルのコンシュルジュのように。

でも媚びない。
接客もお客と同等の目線で行う。(ちょっと生意気であると書いてあります)

「人と違うことをやる」

この言葉はとても響きました。
初めてメルセデスを手に入れる人のために納車のとき、より美しくエレガントに見えるように車庫いれを練習したり、贈り物で購入されるお客様には助手席にバラの花束を置いて演出したりと、決してその努力を怠らないのです。

「最善か無か」現在のメルセデス・ベンツの礎になったゴットリーブ・ダイムラーが残した言葉。
この吉田さんの生き方は私にとって、とても参考になりました。

伝説の人はやっぱりスゴいと思いました。


前島さんというライターが取材をして書かれています。
読みやすいので、あっという間に読めると思います。
本離れしてしまった方にもお奨めできます。
trackback --  comment --
小冊子 第2弾を発刊しました。
2009/04/22 21:58 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


小冊子 第2弾を発刊しました。
s-IMG_3350.jpg

タイトルは「口腔ケアをはじめよう!」?愛野記念病院のとりくみから?
豊かな人生をおくるために今からできること

という小冊子。
4月17日に発刊いたしました。

これは先に開かれた第7回島原・南高NST研究会の講演の内容を書き起こしたものを小冊子としてまとめたものです。

はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・3
第一章 豊かな人生をおくるために?・・・・・6
第二章  8020(ハチマルニイマル)運動・・・・・・・・・・10
第三章  歯の本数と全身の健康との関係・・13
第四章 口腔ケアとは?・・・・・・・・・17
第五章 なぜ、「口腔ケア」なのか?・・・25
第六章 往診での歯科治療・・・・・・・・26
第七章   「口腔ケア」への挑戦・・・・・・37
第八章   愛野記念病院でのとりくみから・・・・40
第九章 口腔ケアの実際(その1)ミラーを効果的につかう・・・・48
第十章 口腔ケアの実際(その2)お口をあけてもらえないとき・・・・55
おわりに・・・・・・・・・・・・・・・・56

といった内容です。

私の勤務医時代の島への往診の経験、また現在、取り組んでいる愛野記念病院の口腔ケア活動について、そして介護が必要な状態なったときに困っていただきたくない一心で書き記しました。

欲しい!と思われたかたは是非ご一報いただけましたら幸いです。
ホームページと当院の待合室で毎月5冊づつ限定でプレゼントさせていただきたいと思っております。
trackback --  comment --
ボクの日曜日
2009/04/19 22:36 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


ここ1ヶ月ほど、セミナー、歯科医師会の会務、原稿書き、小冊子の発刊、NST研究会の準備、そして毎日の患者様の治療計画の立案などで全くまったく休みが取れないでいました。

先日のNST研究会が(自分の中では)成功に終わり、なんともいえない充実感をもったまま今日の朝を迎えました。

以下、今日の日記を書いてみます。

ボクの日曜日

ぽつんと開いた日曜日。
晴天。

心のどこかで走ることに渇望している自分に気がついた。

愛車SR400のカバーをめくり、メッキをウエスで磨きあげ顔を映してニコッと笑ってみる。

度重なる排気ガス規制と騒音規制のために、この30年間全く姿を変えていないこの単車が生産終了となる事実を知って急いで免許を取りに行った。

そして残りわずかのSR400を自分でも信じられないくらいに、ためらいもなく購入した。

キックスタート。
この単車にはセルがないから自分でキックするか、押しがけしかない。

ボクはもともと運動オンチである。
もちろん一発でかかったためしがない。

カシュ、カシュ、カシュ、ブスンスンスン・・・・・・

ドドドドドット、ドッドッドッド・・・・

ひとつしかないシリンダーから吐き出される排気音はまるで耕運機。

購入してずいぶん経つというのにようやく慣らし運転が終わったところ。
なにしろまとまった時間がなさすぎた。

ボクの高校時代は3ナイ運動が全盛期。
社会に出てからというもの、忙しすぎてすっかり自分の本当に好きなことなど忘れ去っていた。

疲れきったある日、目の前をしびれるようなヨシムラの排気音をとどろかせながら気持ちよく走り去るゼッツーに自分の中で眠っていたなにかが目覚めた。

その足で本屋へ行った。

「俺たちのサーキット」や「俺ハ」、「ローリング族」はもうすっかり死語となっていた。
2ストは完全に消滅し、メーカーからカタログを取り寄せようにも車種の少なさに驚いた。

しかし、ミスターバイクだけは健在だったことが救いだった。

教習所ではスロラームがうまくできずにほとほと困り果てた。
イメージしたことができないことほど悔しいものはない。

それ以来、新人社員を「できないから」といってしかることをやめた。
やる気がない行動をとったらそれはしかるけれど、そんな人いるわけないじゃないか。

そして39歳で初めて覚えた単車の味。

暖気もそこそこに出発進行。
自宅からストトトトトッと国道251号線へ

今日こそは、4000rpmより上まで引っ張ってやるからね。

海が見えた瞬間、笑いがこみ上げてくる。

399cc

わずか直径8.7センチのピストンを上下させ、エンジン内部にたまったカーボンを思いっきり、吹き飛ばしてやる。

先週までの、たまりにたまったストレスと共に・・・・・・


天気が良く風が心地よく体にあたり、なんだか気分は高揚してくる。
チジワから小浜、雲仙方面へ空いた道を気持ちのいいスピードで。

前方にバスがいてなかなかスピードが乗らなくなったので諏訪の池方面へ、それから口之津から深江町まで。

思いつくまま、ただただ交通量が少ないほうへ、少ないほうへ進路をとる。

いくつものコーナリングを楽しむ。

はじめはうまくいかないけれど、集中して、ガードナーやスペンサーをイメージする。
何度も何度も挑戦する。

ドルルルルル・・・・ギュルルルルルオオオーン!

そしてとうとうエンジンの回転数が同調したときに最高のラインを描き立ち上がる。
「やった!きまった!」

誰かがみているわけではないけれど、心の奥底から喚起の声が聞こえてくる。
「ブワッハッハッハッハッハッハッハ!」
思い通りに操作ができるということが、これほど気持ちいいとは・・・・

深江からまた雲仙ゴルフ場から進路を国見へ。
広域農道のもう一本上の旧道から愛野町へ。

本日の走行143km。

すっかり、本来の自分自身を取り戻した。
さあこれで、また明日からがんばれるぞ!

s-IMG_3310.jpg
深江町にて



まるで小学生の日記のようですが、いや、本当に楽しかったのです。
一人であてもなく出かけるのもなかなかいいものです。

とくに帰宅後、湯船につかったときの気持ちよさとビールの味は格別でしたよ。

今度はどなかたご一緒しませんか?

trackback --  comment --
講演、無事終わりました。
2009/04/18 17:42 [Sat]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


昨日開催された第7回島原・南高NST研究会ー摂食嚥下と栄養を考える会ー

演題  「口腔ケアの重要性(お口は健康の源です)」?愛野記念病院のとりくみから?

講演、無事終わりました。

出席していだきました皆様へ

昨日は第7回島原・南高NST研究会にご出席いただきまして誠にありがとうございました。
不慣れな私の講演はお聞き苦しいところも多々あったかと思いますが、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。
皆様のおかげでとても良い経験となりました。

私自身といたしましては、まだまだ勉強不足の身ではありますが、
今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。



また、愛野記念病院の前田先生、看護師長様、STの岸川様、島原南高歯科医師会の宮崎先生、佐藤先生、松島先生、末吉先生、太田先生、立川先生、諌早市歯科医師会の増山先生。大塚製薬株式会社の浦川様、社員の皆様。そして当院のメンバーのみんな。

本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

DSC01440-d.jpg


DSC01445-s.jpg

DSC01418-d.jpg

DSC01420-d.jpg



trackback --  comment --
メッセージをいただきました。
2009/04/17 09:02 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

先日、当院にお越しいただいた竹屋町森歯科クリニックの森 昭先生より、メッセージをいただきました。その一部をご紹介いたします。





森先生から頂いたメッセージ

すべてのスタッフが仕事に対し積極的な姿勢であることに驚きました。

チーフをはじめスーパースタッフもいらっしゃいますが、全体を通して温度差が少ないと感じました。

鶴田先生の本気の自分改革、そして本気でスタッフを信頼しているからこそ、このような素晴らしいチームになっていることは想像がつきます。

カシータやリッツカールトンホテルにいるかのような錯覚を感じるようなホスピタリティーの高さ。

私は鶴田歯科医院にはもっと情報を発信し、輝きを高めながらメジャーになりながら、歯科界を活性化してほしいと思いました。

開業6年でここまでのチームを作られた、鶴田先生をはじめ、鶴田歯科のメンバーの方に敬意を払いたいと思います。たくさん得るものがありました。

素晴らしい見学感動体験ありがとうございました。

   


以上、森先生からのメッセージでした。
私には宝物です。
さっそくスタッフ全員でシェアさせていただきました。

このようなメッセージをいただけるなんて、私たち鶴田歯科医院のスタッフ共々、幸せ者です。
心よりお礼申し上げます。




今日は午後18時30分から第7回島原・南高NST研究会ー摂食嚥下と栄養を考える会ー

特別講演 講師としてがんばってまいります。

演題  「口腔ケアの重要性(お口は健康の源です)」?愛野記念病院のとりくみから?

スライド60枚と映像を交えた講演内容となっております。

trackback --  comment --
スペシャルセミナー
2009/04/15 09:07 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

-s.jpg
歯科業界の名著「行列ができる歯科医院3」に執筆されております、竹屋町森歯科クリニックの森先生が当院にお越しいただき、セミナーを開いていただきました。

京都府舞鶴からはるばる諫早まで来ていただいたのです!

IMGP8703-s.jpg

竹屋町森歯科クリニックのこれまでの歩みや、仕事観について、また感動ムービーで涙したりと、
素晴らしいセミナーで、また一つ森先生におおきなカをいただきました。

IMGP8708-s.jpg

森先生ありがとうございました。
今後もどうかよろしくお願い申し上げます。

竹屋町森歯科クリニックはこちら!
trackback --  comment --
デンタルエステ
2009/04/12 21:57 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日は福岡でセミナーを受講してきました。
歯科衛生士の森田さんと横田さんも一緒に参加しました。

「デンタルエステによる医院活性化」という演題でした。
午前は竹屋町森歯科クリニックの森 昭先生による講義と午後は実習を中心に行いました。

デンタルエステですが、実際に受けてきました。
感想は「最高に気持ちいい!」
思わず、眠ってしまいそうでした。

歯石とりが苦手な方にはこの歯肉のマッサージがとてもいい方向に働くことを実感してきました。

森 昭先生をはじめとする講師陣の皆様。
今日はとてもいい勉強をさせていただきました。

ありがとうございました。

s-IMGP8611.jpg
実習つきのセミナーでした。みなさん真剣です!

s-IMGP8615.jpg

森先生。すばらしい講義をありがとうございました。
trackback --  comment --
次は講演!
2009/04/10 21:50 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

小冊子ができたら、次は講演です。
なんといっても次は4月17日の島原・南高NST研究会なのです。
演題は「口腔ケアの重要性(愛野記念病院のとりくみから)」といった内容なのです。

以前、愛野記念病院では1時間30分かかってしまったので、次はこの内容を1時間にまとめなければなりません。

今日は後援していただく、大塚製薬の浦川さん、斉藤さんと実際にスライドや画像をもちいての予演会を行い、内容をチェックしていただきました。おおむねOK!をいただき、あとは本番でうまく話せるかどうかが大問題です。

なんといってもあがり症の私。
深呼吸してもなにやっても、大勢の人の前に立つと足は震えるし、心臓はバクバク、大汗だらだらといった具合なのですが、知っている人が3名ほどいると急に調子が乗ってくることがあります。

今度もがんばります。

今日も寝る前に限りなく本番を頭の中でイメージしてみます。
寝れなくなったりして・・・

大塚製薬の浦川さん、斉藤さん、夜遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。

trackback --  comment --
表紙のデザイン
2009/04/09 22:52 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日は小冊子の表紙のデザインを出版社と一緒に決めました。

ちょうど春めいてきたので、桜色を使いました。
私の思っていた以上にいいデザインができましたので、これはこれで大満足。

ちなみにISBNコードも取得してましたので、まるで書籍です。

あとは中身の内容がいかに皆様のお役に立てるかが、力を試されるところです。

今日もなんども原稿を読み直しましたが、私の思いを十分伝えることができたのではないでしょうか。
「悔いはありません!」と、こっそりここだけで言い切っちゃいます。

この辺の言葉でういうと「はよできんかな」といったところです。
うー楽しみ!
trackback --  comment --
入稿できました!
2009/04/08 08:31 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今年一月に立てた目標。

「もう一冊小冊子を書きたい!」

達成しました。

ここ最近ブログをまったく書いていなかったのは実は小冊子の原稿を書いていたからなのです。
今回、私が伝えたかったもの。

それは「口腔ケア」です。
ずっと前から皆様にお伝えしたかったことを書きためていたのですが、
ようやく完成し、印刷会社に入稿できました。

あとは出来上がるまで、楽しみに待つのみ・・・・
どんな仕上がりになるのか、ドキドキです。

介護が必要になる前に読む本
「口腔ケアをはじめよう」
?愛野記念病院のとりくみから?

は4月17日出版予定です。

おたのしみに。
trackback --  comment --
原稿を書く!
2009/04/03 22:58 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは。
長崎県諌早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。

実は最近、原稿書きに追われています。
4月17日に島原で口腔ケアの講演をする予定です。

プレゼンは完成しているのですが、なかなかしゃべれないのです。
そこで、原稿を書いていいたいことをまとめてみました。

時間は一時間となっているので、結構な量です。
本当、言うのは簡単だけど、書くのは大変。

しかし、時は一刻一刻と迫っているために、追われるようにして
書いています。

しんどいけど、こんな機会はめったにないので、がんばります。

うまくいったらいいなあ・・
trackback --  comment --
共通の趣味
2009/04/01 00:52 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは。
長崎県諌早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。

先日、ある飲み会の席で、20近く歳がはなれた歯科医の先生とバイクの話で盛り上がってしまったことがあります。

なんでもヨンフォアをまだピカピカにして乗っているというのです。

ヨンフォアとは1974年(ボクはそのとき5歳)から1977年の3年間しか発売されなかった幻のバイク。 ホンダ CB400 FOURのことを指します。400は排気量、FOURは気筒の数を表すのですが、バイク好きは皆、「ヨンフォア」と呼びます。

当時のカタログには「おお400。お前は風だ!」というコピーで当時の若者のハートをつかみ、売れに売れたそうです。たしかに今見てもとてもかっこいいのです。

122.jpg
これが「ヨンフォア」です。この赤のタンクと手曲げの4in1の集合マフラーが美しい!

バイクブームの中、ほとんどの人がコレをいじり、段つきシートや、チョッカン、絞りハンドルとカスタムのオンパレードだったそうですが、それをその方はノーマル(無改造)で30年以上も乗り続けているというのです。

20代は峠にしょっちゅう通い、日本中、テントもってツーリングしたらしく、私たちが話していることば自体が一般には理解不能に陥ったようで、まるで暗号か隠語のようなバイク談義に、同期からはついに「オタクみたいだな」といわれていまいました。

たしかに、バイクという趣味を知らない人にとっては明らかに世代が離れている人同士が嬉々としてわけのわからない言葉で話していること自体が奇妙に映るようなのです。

それ以来、あまり人前で趣味の話で調子に乗らないように気をつけてはいるのですが・・・

実は、今日もまた、ある会議が終わったあとの懇親会で、やはりこの方も歳がすこしはなれた歯科医の先生です。

また話が盛り上がりいつの間にやらバイクの話になり、よろこんで話してしまいました。

今度はボクサーエンジンだのシャフトドライブだのK1300のRだのGTだの、Sだの・・・・
すごくたのしかったのですが、やはり気がつけば暗号だらけのようでした。

しかし、その方との距離が一気に接近しました。
今度一緒に走ろうね!と・・・・

共通の趣味って、やはりすごいですね。
世代を越えても、熱く語り合える趣味があるということは、それだけでとてもありがたいことです。
trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。