いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
雨が続く・・・
2009/02/26 23:41 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

九州地方は火曜日から雨が続いています。

私はこの雨がとても憂鬱なのです。

どうしても山に行きたいからなのです。

でも雨だと楽しくないのです。

日曜日にはあがって道が乾いてくれるといいのですが・・・

そうなったら朝から登り始めようと思います。

いつまでも情熱だけは歳をとりたくないものですね。

自分のどこかにある鬱積したものをサーッと洗い流したいと思います。

そして春を感じることができたら最高ですね。

ビッグシングルの鼓動とともに・・・・
スポンサーサイト
trackback --  comment --
サプライズ!!
2009/02/24 23:32 [Tue]
category:未分類

みなさん、はじめまして
鶴田歯科医院、主任の鶴田幸子です。

今日は、とってもいいことがありました!

昼休みに、銀行から帰って書類の整理をしていると
突然、後ろから 
「 ハッピバースデー 主任!!」
と言って、スタッフみんなが出てきてくれました。

手には色紙、花束、ケーキ!

私はあまりの驚きと嬉しさで、ボールペンを持ったまま
涙がポロポロ出てしまいました。 (あー、化粧が落ちる?)


実は誕生日は昨日だったのですが、院長は出張で留守だったので
今年の誕生日は、あきらめていたところだったのです。


s-IMGP8619.jpg


色紙には、みんなからのメッセージが書いてあり、
読みながら、またウルウル・・・

花束もとってもかわいくて、いい香りです!

s-IMG_3136.jpg


さっそく帰って、家にかざりました。
こんな感じです。きれいでしょ!

s-IMG_3164.jpg
 
今年は、なんだかいい年になりそうです!
みんな本当にありがとう!!

trackback --  comment --
感動のショウロンポー
2009/02/24 23:00 [Tue]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

2月21日から23日まで3日間。
あるコンベンションに参加するために台湾に行って来ました。

海外に行くのは6年ぶりです。
台湾は福岡から飛行機で2時間ちょっとで着いてしまうほど身近な国なのですね。

時差は一時間。

沖縄よりさらに南に位置するので、2月というのに日中はとても暖かく、半ソデでも大丈夫でした。

そこで、久しぶりに感動するほどのおいしい絶品にめぐり合いました。

s-IMG_3086.jpg

ショウロンポーです。

s-IMG_3088.jpg

見てください、この肉汁!これをレンゲで飲むと・・・最高です。

s-IMG_3081.jpg

台湾のショウロンポーだったら、どこでもうまいわけでなく、この”ケンタイフォン(?)”というお店が有名らしいのです。

東京にも支店があるのだそうですが、味が違うそうなのです。
なんでもこの台北の本店のが一番おいしいらしいのです。

s-IMG_3082.jpg

ああー!おいしかった!
高速道路のSAで小腹が減ったときたべるショーロンポーとはまるで違います。

私の知っている”うまいものベスト10”に入ります。
もちろん私の中のショウロンポーでは世界一です。

ところで、このお店。いつもは満員、長蛇の列らしいのですが、ちょっと時間をずらして行ったために待たずに入ることができました。

特筆したいのは、ショウロンポーがおいしいことに加え、このお店のホスピタリティがとても高かったことです。

大体、名物がある食べ物屋、レストランとかはどこに行っても敷居が高く、店員の態度もでかいことが往々にしてあります。

「べつに私ら、客にはこまっとらんもんね・・・なんか文句ある?」って顔に書いてあったりします。

いや、それが名店の特権でもあり、そのおかげで客のマナーが維持されていたりするのです。

そして人々はその名物のありがたみを認識し、「こんなにおいしいものを食べさせていただいた・・」などと思えるのかもしれません。

並んでも待たされても食べたくなる名物は各地にたくさんあるのですが、やっぱり店員の態度はとてつもなくデカイ! おいしかったけど、なんか気をつかった。なんてことも私の経験上少なくありません。

とくに値段が手ごろなお店にその傾向は集中しています。

しかし、この店だけは例外中の例外です。

とくにこの入り口の店員さんから、中にいるスタッフ全員、日本からはるばるやってきた私たちに最高の笑顔と、挨拶をしてくれるのです。言葉がわからなくても筆談してくれる姿勢は一生懸命!

決して困った顔などしないし、やさしい! 

そのレベルはとても高く、ちょっとやそっとのホテルにはかないません。

だれもが、その店ではたらくことに誇りを持っており、そして楽しそうに働いているのです。

今、想像しただけでまた食べたくなってくる。また台湾まで行きたくなる。

そんな感動を呼ぶショウロンポーでした。
trackback --  comment --
カワサキの思い出
2009/02/20 22:02 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

書店に行ったら、”RIDE 21”が出ていましたのですかさずチェック!
s-IMG_0026.jpg
なんと角Zが表紙を飾っているじゃありませんか!

この角Z、正式にはカワサキKZ1000 Z1-Rという名称で、確か輸出モデルだけだったと思います。

19歳のとき学校に通っていた私はその駐輪場にこの角Zが駐車されているのを見てしばらくその曲線美と直線美との絶妙なバランスに眼が釘付けになったのを覚えています。

そのオーナーのMさんは同じ学校の生徒だったのです。

いろいろ話をしているうちにお互い写真が趣味ということで盛り上がり、今度雲仙に紅葉の写真を撮りに一緒に行かないか?と誘われました。願ってもない話です。
多分11月の中旬ころだったと思います。

当時免許ももたない私はそのMさんのZ1-Rの後ろに乗っけてもらいました。
荷物のようにタンデムすることって結構難しく、思った以上に体力がいりました。

しかし、快晴の平日の雲仙への道は最高に気持ちが良かったのです。
このZ1-Rの排気量は1015cc、最高出力は90psくらいだったと思いますが、チジワの直線でスロットルを空けた瞬間、ものすごい加速で頬が振るえ、足元の黒い改造マフラーから、ガオーッからクオーーーーンと快音がし、背筋がぞくっとしたことを覚えています。

「ああーMさんは、こんないいマシンを自由に操れるなんてうらやましいな・・・」と思いました。

この本の巻頭の美しいマンガにもこのZ1-Rが主役の物語が描かれています。
ちょうど私くらいの年齢をしたお父さんが主人公。
読みながら、そうそう、その気持ち!わかるわかる!と共感しながら何度も読みました。

この雑誌のいいところはこういった想いが詰まっていることです。

そして、一番泣かせるのは、編集部からのお願いで、「泊めてください」と読者にお願いしていることです。

こういったいい本を出すためにはお金がかかるようで、取材に行くときはいつもテントなのだそうです。しかし寒い季節なので読者に泊めて欲しいとのことでした。

この潔さがすばらしい!いや、本当にすばらしい。
こんな雑誌みたことありません。

私もその昔、自転車で野宿しながらツーリングして回っていたころ、旅の途中にお世話になった方々がたくさんいました。
この物騒な時代にはそういうことも少なくなったことでしょうね。

「売れる本より作りたい本をつくりたい」はっきりそう言っている本は少ないのではないでしょうか。
とにかく、この雑誌はえらいと思います。
trackback --  comment --
こまったSDカード
2009/02/18 22:53 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

大切なデータを、そのSDに保存したところ、まったくパソコンに落とせなくなりました。

そのSDカードはカメラを購入したところオマケで付いてきたものです。
大手家電チェーンは時々、そういったサービスをします。

でもそのSDカード、だれもが知る一流メーカーで、しかも4GBという大容量。

カメラを購入しようかな・・どうかな?と迷っているときに、そうか、今日買えば4GBのSDもついてくるのか・・それじゃ、今日買っちゃおう!と決断したのです。

つまり、カメラを購入したきっかけのSDカードだったわけです。

だからなお悔しい!

こんなのあるかよ!信じられん!と友人に不満を投げかけたとき、その友人は”オレはSDなら「サンディスク」か「レキサー」しか信じとらんもんね・・・・そんなオマケなんてもらっても使わんよ、だいかにやる”とのこと。(すみません諫早弁です)

そういえば、私も車を購入したとき、オマケでマウンテンバイクが一台付いてきたが、当時マウンテンバイクは”Bianchi”と”Cycle world846”を2台、しかもコンポーネントはSHIMANO LXで組んでたので、そのオマケのマウンテンバイクは「オレはよかよ、だれか欲しいひとにあげて」と言ったら、営業マンが肩透かしをくらった顔をしていたのを思い出しました。

が、読み込めなくなったらSDカードはさすがに困った。
ただでもらったオマケなだけにクレームが付けられん。

なにしろ大事なデータがてんこ盛りなのです。

なんとか引っ張り出したいのですが・・・

どうしよう・・・・

こまった・・

今度からSDカードはちゃんとしたのを買います。
「ただほど高いものはない」とは良くいったものです。

今回はとてもいい勉強になりました。
trackback --  comment --
もうすぐ春!
2009/02/18 00:25 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

ちょっと冷え込んでいましたが、もうすぐ春ですね。
春になって暖かくなったら、何をしますか?

ボクのやりたいことは

1、釣り。とくにメバルゲーム。
2、キャンプ。虫がいない時期が最高。とくに焚き火なんていいですね。ダッジオーブンで七面鳥。
3、移動運用。太陽の黒点数もわずかながら上昇中。ようやくハイバンドが聞こえ出した。
4、旅。お湯につかる温泉旅が最高。久しぶりに湯布院YHなんて行ってみたい。
5、ロードレーサーの整備をする。あったかくなったら外で調整したい。
6、MTBであぜ道を走り春の風を感じる。
7、桜の写真を撮影にいく。とくに一心行の桜。
8、友人と休日に昼間からワインパーティー。

などなど・・・・やりたいことだらけの今日この頃です。
暖かくなると週末が待ちどうしくなります。




trackback --  comment --
時速300キロ!
2009/02/16 23:48 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

1989年。
ボクは大学受験のために浪人していました。

大学に受かったら、まずガソリンスタンドでバイトして、バイクの免許とって、中古の250CCのバイク買って、夏休みには、北海道にツーリングに行くんだ。テントで野宿しながら・・・(それって放浪?)

そんなことを考えながら受験勉強していました。
夏休みになると友人が「よう!元気しとったや?」とニンジャやカタナ(バイクの名前です)で会いにくるのです。彼らの生活がうらやましかったこと。

受験勉強がつらくなりくじけそうになると、コンビニで”Mr.Bike”という雑誌を立ち読みするのが唯一の楽しみでした。

そんなある日、”Mr.Bike”にバイクで300km/hを出したという男の話が載っていました。

西ドイツアウトバーンまでスズキのGSX-750Rというバイクを日本から持ち込み、本当に300km/h出し、その証拠写真がきっちり記事になっていたのです。

ボクは興奮し、震える手でページをめくりました。
「時速300キロっていうのはどんな世界なんだろう?」
「夢を叶えたんだこの人!」
などと、とにかくセンセーショナルな記事だったことは記憶にあります。
買うこともできずに、何度も立ち読みしたものでした。

その後、大学生になれたものの試験や実習の連続、夏休みは部活の合宿と、結局憧れのバイクの免許など取れずじまい。

あれから20年が経ちました。

あの浪人時代のバイクで北海道で青春する(死語?)という夢などウソのように忘れ去っていたのです。

そして昨日、偶然にもこの本が書店にあるのを発見したのです。

s-IMG_0023.jpg

なんと20年前の記事が載っているではないですか!
時速300キロを指したGSX-750Rのメーターの写真が!
もはや伝説になっており、20年前に立ち読みした”Mr.Bike”の記事がリバイバルされていたのです。

記憶の片隅から、この記事を何度も読んだコンビニの場所や、当時の生活や考えていたことなどが、一気に頭の中に湧き出してきたのです。

思いがけないことでした。
こういうふうに、ふと昔の夢とか、やりたかったことなどを思い出すのですね。

本の題名は”RIDE 3” 定価750円です。
マンガあり、小説あり、写真ありと、まさに「大人の絵本」です。
この「振り切れて、いるか?」の文字に哀愁を感じます。
興味のある方は読んでみてくださいね。
trackback --  comment --
白バイの甲子園
2009/02/15 21:15 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日お休みは書店に立ち寄り雑誌を何気にみていたら、
「第40回全国白バイ安全運転競技大会」の模様がDVDとしてあるではないですか!

白バイの競技会があるなんて知りませんでしたので、大いに興味をもち即購入しました。
lll.jpg

全国の各県警から選び抜かれたエリート180名が茨城県の自動車安全運転センターに集結し、いろんな競技をするのです。(一般にも公開されているそうです)

いわばこれは「白バイ日本一」を決める「白バイ甲子園」なのです。

種目は「バランス走行」「トライアル走行」「不整地走行」「傾斜走行」男性の部、「傾斜走行」女性の部。2日間にわたる熱戦を60分にまとめてあるのですが、見ごたえは十分あります。

パイロンスロラーム、8の字走行、小道路旋回、オフロード走行、トライアル競技、傾斜走行などではすばらしいテクが満載です。

とくに傾斜走行での女性白バイ隊員がホンダVFR800Pをバンクさせてさらにリーンインでパイロンと頬すれすれでコーナーリングしていくさまは驚きです。

街頭の交通違反に眼を光らせ、すばやい取締りをする白バイ。
こんな大型バイクを手足のように扱う白バイ隊員たちのテクニックに圧倒されました。

なんだかサーカスを見ているようです。
胸がドキドキしてきます。
さすが白バイ隊員。
アップハンドルでここまでできるなんて神業です。
日ごろの訓練はおそらく相当に厳しいものがあるのでしょうね。

最後は入賞した方が表彰されるシーンは一般の表彰式と違い、笑顔でガッツポーズとかするのかなと思いきや・・・・礼儀ただしく最敬礼をする姿は卒業式のような厳粛さが漂っていました。私たちの安全運転の手本となる白バイ隊員の姿勢と緊張感は競技が終わってもさすがです。

興味のあるかたは是非ご購入ください。
雑誌名は「オートバイ」3月号。定価840円です。
白バイ関連記事も読み応えありますよ!



trackback --  comment --
ブログ集ができました!
2009/02/13 21:46 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

当院の待合室用にブログ集が2冊完成しました。
作ってくれたのは白井さんです!

「スタッフみんなのブログ」と「院長ブログ」の2種類。
結構な読み応えがありますので、待合室でのひとときに是非お読みいただけましたら幸いです。

s-IMG_0019.jpg

白井さん ありがとう!


trackback --  comment --
ボクの夢
2009/02/12 21:44 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


ボクがまだ卒後2年目の研修医のころ、ある病院に伺ったときの話です。

そこはとても大きな病院でした。

その病院には笑顔がいたるところであふれていました。
受付の電話対応もそう。
歯科衛生士さんもいきいきと働いている。
小さな子どもから、高齢者の方々がたくさん待合室で待たれています。
結構長い時間待たされている方もいらっしゃったと思います。
しかし、診療室から明るい声で呼ばれると、待っていた人は笑顔になり診療室に軽い足取りで入っていかれるのです。

それぞれのチェアー(治療イス)からは笑い声や明るい声が聞こえています。

治療が終わると、やさしく先生が「痛くなかったですか?」と声をかけています。
もちろん非常勤で働く私にもスタッフ誰もが、とてもよく接してくれます。

なんだかとてもいい雰囲気です。
ボクはこの病院に行くことがとても楽しみになりました。

ある日のことでした。

院長先生と手術を終えたあと、外来へむけて一緒に廊下を歩いていたときでした。

ゴミがおちていました。院長先生はすかさず腰をかがめて、そのゴミを拾いました。そのちかくにいた歯科衛生士が「どうぞ」といって両手を差し出し、そのゴミをうけとりました。院長先生は笑顔で「ありがとう」といいました。

その自然な感じにボクは感動したのです。
ただ、院長先生がゴミを拾うだけでなく、その歯科衛生士さんとの信頼関係も自然で、見ていて、ジンときたのです。そして、この病院のだれもが輝いているのは院長先生の姿勢なんだと感じました。

「ここは違う!どうしてこうなるんだ。ボクも将来、こんな病院をきっとつくるぞ!」
そう決心しました。

ある日、思い切って院長先生に尋ねてみました。

「先生の病院は医療設備も整っているし、技術もあります。働く人たちも皆いい人ばかりですね。こんな病院になる秘訣を教えてください」

「・・・・・・」しばらく沈黙。

いつもにこやかな院長先生から笑顔がスッと消えました。
そして声の調子も変わりました。

「知りたい?」

いままで見たこともない院長先生の真剣な顔にボクは驚き、そして少し怖くなりましたが、勇気を出して言いました。

「ハイ!知りたいのです。お願いします」
そういって頭を下げました。

先生はボクの目を見て真剣な顔で言いました。

「謙虚であり続けることだよ。これはとても難しいことなんだ。」

その院長先生は歯科医療界ではとても有名な方で、本や論文をたくさん書かれているかたでした。
一流の人はやっぱり違う。この方はやっぱり本物なんだ。そう思いました。

10年以上前の話なのですが、これはボクにとって、とてもいい経験になりました。

今でも、このときの院長先生の真剣な顔を思い出すたびに襟が正されます。

いい歯科医院をつくりましょう。
謙虚であり、そして愛される医院を。

これがボクの夢です。
trackback --  comment --
夜釣りに行ってきました。
2009/02/11 21:32 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

昨夜は風もなく、満月。
潮時表をチェックするとなんと大潮!

約2年間もほったらかしにしていたタックルを屋根裏からゴソゴソと取り出し、急いでシマノのリール(アルテグラ)をグリスアップ。
しかし、お気に入りのメバル用ワーム「パワーしらす」はさすがに全滅。シリコンだからしかたがないよね・・・と釣具店へGO!

いくつかのワームと弾丸(おもり付きの釣り針です)を購入し、秘密の漁港へ向かいました。
s-IMG_0013.jpg


秘密なのでだれもいません。

ソーッとちっこいワームを投げ入れ、泳がせると・・・・
キタキタ!
やっぱりいたのねメバル君!
とにかく引きが強い。
アジゴなんかとはくらべものになりません。

いままでいろんな魚を釣りましたが、0号あたりでかかったノッコミのチヌやランカー級のシーバス並みの刺激的なファイトをしてくれます。本当に病みつきになるくらい。

s-IMG_0008.jpg

春告魚と読んで、メバル。
これから4月くらいまでがシーズンです。

まだ時期が早いのか、大爆釣とはいきませんでしたが、一時間で6匹が釣れました。
s-IMG_0016.jpg
なぜかイカも一匹かかりました。

煮付けにするととても美味。
やっぱり釣りたての魚は最高にうまかったのです。

また釣りの熱も復活しそうな兆しです。
当分メバルゲームかロックフィッシュでウデを慣らしてから今年こそ、ジグで青物を狙ってみたいと思います。

おっといかん、行動目標に追加しなきゃ!

2009年12月31日までにジグで青物を釣る・・・・・と。


s-IMG_0018.jpg


メバル釣りのポイントです。

竿 なるべく細いもの。トラウトロッドというものを使う。
(バスロッドでは大きすぎ)
リール。小さいもの。1000番くらい。
ラインはすごく細いものを使う。
ワームもメバル用のすごく小さいもの。
ワームはしょっちゅうトゥイッチを入れて上下に生きているように泳がせる。
風のないべたなぎの日。しかも満月がメバルの日。
夜に狙います。

これは私の釣りの師匠でもある稲永氏より伝授していただきました。
詳細なテクや、場所が知りたい方はこっそり教えますね。

trackback --  comment --
院長の大切な仕事(2)
2009/02/10 08:49 [Tue]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

ある方から質問を受けました。

「職場の掃除ができていない、スタッフは何度いってもきれいにやってくれない」
「鶴田先生はいつもどうしているのですか?」

(以下回答です)

掃除はなんのためにするのでしょうか。

歯科医院は口をあけるところです。
口をあけるところがきたなかったら・・・・どうですか?
安心して治療やケアを受けることができますか?

どんな歯科医院であなたは治療を受けたいと思いますか?

スリッパが奇麗で、トイレが奇麗。
埃ひとつ落ちていない、清潔な歯科医院。
そんな歯科医院がいいですね。

大切なお客様があなたの家に遊びに来るとき、
必ずきれいにしますね。
それは快適に心地よい時間をお互いが共有したいと思っているからです。

職場もそうだと私は思うのです。

その職場に来ていただける方や仲間が快適に過ごせるように職場を奇麗にすることはいい仕事をするための基本であると思うのです。

リーダーはそのことをスタッフに伝えることが大切だと思います。

入社時の面接や、就業規則を読み合わせるときが最もよいのですが、
人間は忘れることもありますので、ミーティングなどを通じ、年数回は伝えていきましょう。

そして、その現場のリーダー自らが掃除をしましょう。

それはどこでもかまいません。
トイレなんていいですね。

実際にやってみるととにかく大変です。

ある程度はすぐにきれいになるのですが、
毎日やっているともっときれいにしたくなります。

便器の裏側に水垢が付いていることに気がついたあなた。
タンクの中を恐る恐るのぞいてみるとびっしりと水垢が・・・

分解し、タンクのなかまで徹底的にやってみましょう。

まちがってもスタッフにやってもらってはだめですよ。
自分でやってください。

どうです?
やってみました?

どんな気持ちです?
最高にいい気持ちでしょう!

まず行動してみてください。
「このレベルまでキレイに掃除する必要があるのですよ!」ということをリーダーがやって見せることがポイントです。

これは大変なことではありません。
むしろ楽しんでやってほしいと思います。

掃除をすればするほど職場はきれいになり、そして訪問していただける方やスタッフも快適に過ごせることができるはずなのです。みんながよろこぶ顔を想像しながらぜひやってみてください。

職場が汚れてきたらスタッフに掃除の徹底を呼びかける前に以下のことをお奨めします。

1、掃除をする意味をスタッフに伝える
2、現場のリーダー自ら徹底した掃除を実践し、模範を示す。

この2点をやってみることはいかがでしょうか。
採用に問題がなく、リーダーが自ら動けば、かならずその職場はきれいになると私は思います。

私の医院もまだまだのところもありますが、お掃除ひとつでいろいろな発見がありますので是非やってみてください。

院長の大切な仕事・・・それは心をこめた掃除なのかもしれません。
trackback --  comment --
院長の大切な仕事
2009/02/09 21:38 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


私は医院の設備や備品などを、どちらかというと積極的に購入させるほうだと思います。

より良い仕事をするために必要なもの、快適なもの、みんなが役にたつものなら買ってもいいと思います。

制服やシューズもそうです。コピー機やパソコンだって。
スケーラーや、ダイヤモンドポイント、バー。
ファイルやリーマー、グローブだって何種類もあります。

ただ、価格が安いものだけで品質や機能が劣るようなら無駄になるので、きちんと検討してから買おうね、と言っています。

だから、多分私がそのように考えているので医院の中にはとりたて不足しているものはすくないのではないでしょうか。

これは大切なことだと私は思うのです。


話は変わりますが、当院にはメンバーの休憩室が2部屋あります。

ひとつは女性用の休憩室とロッカールーム。その中には歯磨きができる洗面台もあります。
そしてもうひとつは男性用。つまり勤務医と歯科技工士がゆっくり休める部屋。ソファもあります。

当初は「また無駄なものを・・・」と笑われたものでした。

しかし、これは私が開業したときに、絶対に必要なものとして建築したものです。

それは私がまだ修行の身であるとき、ある医院に非常勤歯科医師として伺ったときのことです。
5階建てのビルすべてが歯科医院という大きく立派なものでした。
診療室や待合室もおしゃれにデザインされており快適です。

もちろん、多くの患者様が来院されるので忙しく、そして午前中の診療が終わって昼食をとろうとしたのですが、勤務医の休憩室がない。

薄暗い階段に腰掛けて昼食を食べました。
そして、休憩時間はそのまま、壁に寄り添って転寝をしました。

私は思わずため息をつきました。そして憂鬱な気持ちになりました。
「社員のくつろぐ場所は絶対に必要だ・・・」

お昼休みにはくつろいでおいしく、そして楽しく昼食をいただくことはとても大切なことだとおもいます。

ですから、自分が医院を作るときは一緒にはたらくメンバーがお昼休みをたのしくすごせるような空間を作りました。

散々悩みましたが畳敷きにしました。
せめて休憩のときくらい足を投げ出して休んで欲しいと考えたからです。

その思いが通じてか、メンバーはこの休憩室をとても大切に使ってくれます。
いつも整理整頓がなされ、とてもきれいです。

この部屋の中から掃除機をかけている音が聞こえてくると、思い切ってこの部屋を作ってよかったなと思う時です。

そんなメンバーたちを私は敬愛しています。



本当の「無駄」というのは「やる気にさせる環境を整えないこと」だと私は思います。

そこに働く人、それぞれが快適になり、幸福を感じられるような使い道をするのならそれは決して無駄な出費にはならないと思うのです。

私がメンバー全員とともに研修旅行を毎年恒例として続けているのも、みんなが心地よく羽を伸ばし、お互いに絆を強める助けになるからなのです。

学会やセミナーに参加するときにもなるべくキチンとしたところに泊まるのも、医院の代表としてがんばって欲しいからなのです。

華美や必要以上の贅沢はいけませんが、メンバーがより快適に過ごすための努力をするのも院長の大切な仕事だと私は思います。
trackback --  comment --
CHPセミナー(2)
2009/02/09 20:09 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

CHPとは・・・
来院者が自らの健康をコントロールしたり、そして改善でき、より幸せな人生を送れるように私たち専門家がサポートするハートの持ち方やコミュニケーションを学ぶ場である。


最高です。
こんなすごいことをする場があるなんて。
一夜明けてもまだ興奮しています。

IMGP8579-s.jpg

講師の鰐石先生と写真を撮らせていただきました。

鰐石先生、素晴らしい講義をありがとうございました。


trackback --  comment --
CHPデビュー
2009/02/08 20:59 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日2月8日は福岡市内でWTSセミナーを受講してきました。
当院からも総勢10名で参加。
丸一日、CHPの概論を受講してきました。

CHPとはクリニカルヘルスプロモーションのことです。
医療の最終目標は「健康で幸せな人を増やすことです」

講師は鰐石先生HPはコチラ

初めてのCHPはまさに眼からウロコの連続で、これから私たち医療人が何をもっとも大切にしないといけないかがおぼろげながら見えてきました。

鶴田歯科医院のメンバーたちも大きく成長できた福岡でも1dayセミナーでした。

このようなすばらしいセミナーを開催していただいた鰐石先生、そしてWTSの理事の皆様にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。

すばらしいセミナーでした。
ありがとうございました。

trackback --  comment --
春の兆し
2009/02/06 21:14 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日はお昼休みに近所の病院に口腔ケアに行ってきました。
車で行ったのですが、なんだか天気がよくポカポカしてきて、とてもイイ感じでした。
空も青く、3月中旬くらいの気温だったのではないでしょうか。

あと2,3回くらいはドーンと雪が降るくらい寒くなるのでしょうが、
こうやって春になっていくのだなあ・・・と思います。

今週末も福岡でセミナーです。
CHPを勉強してきます。




trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。