いんちょうブログ
長崎県諌早市にある鶴田歯科医院 院長のブログです。
ホームページはこちらをクリック!!
スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
ブランドとは
2009/01/31 10:59 [Sat]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


2009年の行動目標をようやく書き終え、ホームページに掲載させていただきました。
ぜひご覧くださいね。

コチラ!


昨日、あるセミナーのCDを聞いていました。
そこでこんなことを言っておられました。

「真のブランドとは何か?」

ブランドとはそのファンの数が多いこと。
そしてそのファンがそれを心の底から好きであること。
そして、それを好きな自分がさらに好きになれること。

ウーン!深い!
深すぎる。

たしかに僕も好きなものはたくさんあります。
好きな理由も口に出しては言えますが、ただ何となくファンになっちゃった!というものの多数あります。

釣りざおはDAIKO
リールはSHIMANO
趣味のカメラとレンズはPENTAX
仕事用はCANON
自転車はGIANT
パーツはDURAーACE
ホイールはカンパニョーロ
ウェアーはKADOYA
ブーツはNANKAI
プラモならTAMIYA

煩悩だけではなく、そのブランドの歴史やそれを買うという行為までが好きです。
そして、それを持っていて、使いこなしている自分も確かに大好きです。

たしかに、それがブランドというものなのかもしれませんね。
東京ディズニーランドもブランドなのかもしれません。


スポンサーサイト
trackback --  comment --
2009年の行動目標(その3)
2009/01/29 18:00 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

2009年の行動目標(その3)です。


5、歯科医療技術の研鑽のため学会、セミナー、への参加

一昔前ならむずかしかった治療が、最近は、技術の向上で安全に行えるようになってきています。

歯科医療技術の進歩は目覚ましく、私たちはその技術をリアルタイムに吸収しそして臨床の場でフィードバックしていく必要があります。

年間を通じて学会やセミナーに参加し、あたらしい技術を習得することは私たちの大切な仕事なのです。

6、学術系以外のセミナーにも参加する

他業界のセミナーに参加することでたくさんの気づきを得ることができます。
広い視野に立った柔軟な考えや発想が今の歯科医療には必要です。

そして今後の医院のシステム作りの参考になります。

また、3年前から参加している歯科医院のマネジメントセミナーに今年も一年を通じて参加します。このセミナーを通じて全国のすばらしい先生との出会いがありました。

そして確実に鶴田歯科医院は成長してきました。そのほかにも異業種の方との交流が思わぬ気づきを得ることも多いことも事実です。

昨年も東京や大阪など、何度かセミナーへ出かけました。今年もまた挑戦します。

 
7、4月から入社してくる新入社員へ、心を込めた教育を実施する

今年は2名の内定者が決まっております。私たちと同じ仕事観を持ってもらうことがおおきな目標ですが、新人の笑顔が輝き、歯科医療に携わることに誇りをもてる新人教育を行っていく予定です。
鶴田歯科医院はよき医療人を育てることを使命と考えています。

8、予防クラブを設立する。

私は歯科医師として常々、「歯を削らずに、抜かずに、そして悪くならないようにするため」にはどんな方法がいいのかを模索し、また日々苦悩しています。

「歯を削らずに、抜かずに、そして悪くならないようにするため」それはずばり定期管理型歯科医院を構築することにあったのです。

わかりやすく言うと、「歯の健康な人が、自分の歯の健康を維持するために、定期的に自らの意志で来院することができる歯科医院。」

そこでは歯を削る不快なドリルの音は極端に少ないのです。歯科医院独特のあの、いやなにおいや、怖い雰囲気もありません。
訪れる方々は歯が健康なので笑顔です。「歯の治療」ではなく、歯磨きや歯石取りやお口の健康指導などのメインテナンスが主な業務なのです。

「思いがけず虫歯が大きかったから・・・」と治療時間も長引きません。待ち時間も少ないのです。歯科医師、歯科衛生士もみんな忙しい雰囲気もなく、ニコニコと楽しそうに仕事をしています。

通うたびに歯に対する意識が高くなり、歯がきれいになり、そして気持ちいい、心地いい、そして通いたくなる歯科医院。それが「定期管理型歯科医院」なのです。その第一歩として予防クラブを結成します。

9、研修旅行を実現させる。

今年は開院して5回目の研修旅行となります。

日ごろの診療だけでは得ることができない感動をメンバー全員で味わうために、今年も研修旅行を実現させます。昨年は携帯電話の電波が届かないような山奥の一流の温泉旅館ですばらしい研修を行いました。
新しい自分を発見する、夢を語り合えることができる研修旅行にしたいと思います。

10、小冊子第2弾の発刊

昨年7月、私は小冊子、歯が痛くなる前に読む本「予防歯科をはじめよう」?歯医者さんとの新しい付き合い方? を発刊いたしました。その反響は大きく、全国から小冊子の請求がありました。これには私も驚きました。
院内でもご希望の方にお渡しすることがあるのですが、4ヶ月あまりで500冊がなくなり、また新たに増刷するということになりました。感想もたくさん寄せられました。これにより、皆様の歯にたいする意識の高さを実感したしだいです。

私は現場にいる歯科医師としてもっとたくさんのことを広く皆様方にアドバイスしていきたくおもっております。そのためには小冊子第2弾。「もっと大切にできるあなたの歯」の原稿を書いております。2009年夏までには発刊できるようにしたいと思います。

この小冊子は近日中アマゾンで購入できるようにしようと思います。

以上が私、鶴田博文の2009年の年間行動目標です。


おわりに

またまた私の大好きなイチローの話です。

イチローがメジャーに行くずっと前、長崎にプロ野球の親善試合で来たときの話です。

試合が終わって、他のチームメンバーが長崎観光に行っている間も、たった一人球場に残り、もくもくと練習していたことを、ある関係者の方から聞きました。

きっとイチローはそのころから「日本のイチロー」から「世界のイチロー」へ飛躍することをすでに目標として持っていたのだと思うのです。

目標を明確にするということはとても大切なことではないでしょうか。

以上が私の年間行動目標でした。

この一年、楽しく夢をもって仕事に勉強、遊びに全力を尽くしたいたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




trackback --  comment --
帰郷
2009/01/28 21:58 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日は私の第2の故郷である、肥後の国。

お世話になった熊本大学歯科口腔外科の医局へ行ってきたのです。
久しぶりにお会いした大林医局長と猪島さん、そして井上さん。
楽しい時間をすごすことができました。
ありがとうございます。

s-IMG_2789.jpg
(有明フェリーから雲仙岳を望む。スカッと快晴!)
s-IMG_2795.jpg
今日のお土産は陣太鼓、阿蘇で作られている生チョコもち、そして南関あげ。
南関あげは油揚げなのですが、おでんにいれたらおいしい!
s-IMG_2788.jpg
(平成新山も雪化粧です)
s-IMG_2797.jpg
(そして馬肉!馬肉はやすいものは本当に硬いのでなるべく高いものにしてください。歯がおれます。しょうがと専用タレでおめしあがりください。)

trackback --  comment --
2009年の行動目標(その2)
2009/01/26 19:17 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

先週からの引き続き、2009年の私の行動目標です。


3、ホワイトニング、審美歯科技術の研鑽


            
「歯をもっと白く美しくしたい」との要望を多々受けます。そのためには安全にホワイトニングを行う知識と技術が必要です。

昨年は当院の3人の歯科衛生士が日本歯科審美学会のホワイトニングコーディネーターの資格認定を受けました。そして快適に安全にホワイトニングが行えるという新しい材料の研究を重ね、それを安全に行える専用の機器や、歯の色調を客観的に数値化する分光測定器を購入しました。

実際にホワイトニングを希望される患者様は年々増加する傾向にあります。

またホワイトニングのみならず審美歯科治療にとっても感心は高まってきている傾向があります。一昔前は「歯は痛くなく、不自由なく噛めればよい」といった価値観から、「歯は顔の表情に大きく影響するので、美しくしてほしい」といった価値観に変化してきているのではないかと思います。

私たちは歯を美しくしたい、白くしたいと希望される方のホワイトニングや審美歯科治療に力を入れていきたいと思います。

そのための技術の研鑽を続けていきます。

また今年は学術誌より執筆の依頼もありましたので、症例の報告や手技においても歯科医学会の発展のために力を尽くしたいと思います。 

4、ボランティア活動を行う

IMGP8166-s.jpg
(昨年の保育園での健康教育活動の時のスナップです)

私たちは医院全員で、社会貢献を視野にいれたボランティア活動を行います。

これまでは定期的に複数の施設で保育園での健康教室、グループホームでの入れ歯の洗浄などのボランティア活動をおこなってきました。

今年はある病院より「口腔ケア」についての講演依頼をいただいております。

そのために、ボランティアの一環として歯科衛生士とともに実際に入院されている方や医療の現場に携わる看護師さん。介護職員の方々に口腔、歯の重要性や具体的なケアの方法のプレゼンテーションなどを行う予定です。

もちろん私だけではなく、当院のメンバーが一丸となり、少しでも喜んでいただけるように、ためになる、楽しい活動を行います。

(続く・・・)
trackback --  comment --
九州地方は雪でした。
2009/01/25 21:44 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日は九州地方は雪でした。
朝起きたら外が白い。

早速、車で山に登ってきました。
ウーンやっぱり雪道は楽しい。
(もちろんスタッドレスタイヤは必携です)

はじめはおっかなびっくりのはずが、しだいに慣れてきて・・・

頭の中ではすっかりWRCの北欧のステージに突入してしまいます。

気分はペーター・ソルベルグやトミ・マキネンをイメージし、ちょっとばかりカウンターを当てたりしてみますが、私の腕ではたいしたことありません。

それではとても短い九州の雪景色をどうぞ。

s-IMG_0146.jpg
s-IMG_0116.jpg
白木峰より、諫早湾堤防を望みます。
s-IMG_0141.jpg
少年自然の家よりちょっと登ったところで、積雪20cmといったところです。
s-IMG_0132.jpg

trackback --  comment --
私の2009年の目標(その1)
2009/01/24 18:55 [Sat]
category:未分類
みなさん こんにちは 長崎県諫早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。
今日は2009年年間行動目標(その1)をお伝えいたします。


PICT6060-s.jpg
1、笑顔、「ありがとう」の言葉が、あふれる歯科医院を創造する


歯科医院は「怖いところ、痛いところ、待たされるところ、対応が悪いところ」。

そういったイメージがあると、以前はよく耳にしました。

そこで、私は「患者様に楽しんで来院していただく歯科医院作り」を創造します。

すべては自分が原泉です。

まわりを笑顔にすること。挨拶を元気にすること。返事を元気にすること。
2009年は、これらのことに、徹底的にこだわりをもちたいと考えます。

これまでの歯科医院のイメージを変えてみたいとも思います。
「歯科医院に行くと明るくなれる」「怖くない」、「痛くない」、「通うのが楽しい!」、そんな声が聞こえてくる歯科医院を作り上げたいと思っています。

2、予防歯科システムを確立する

歯は痛くなったときは遅すぎることがあります。

「8020運動」って知っていますか?「80歳で20本の歯を残そう」という運動です。人が不自由なく食事ができる歯の本数は28本です。

しかし、今の日本の現状では80歳ではわずか6本程度しか残っていないという研究報告があります。

これではおいしい食事を心から楽しむことはできないかもしれません。
80歳に20本残すためには、毎日の正しいブラッシングと、定期健診が絶対に必要だと思うのです。

これは治療が終了してからも定期的に歯科医院を訪れていただき歯石を除去すること、そしてもっと大切なことは専門家(歯科医師、歯科衛生士)による必要なアドヴァイスをさせていただくシステムを具体的に確立することが急務なのです。

私は大切なあなたの歯を削ったり、抜いたりしたくありません。

本来、私たちの仕事は歯を削ることではなく、歯を守ることなのです。

私は、歯が健康な人や、すでに治療が終了した方が、自ら定期健診を受けることが積極的に利用できる、予防歯科システムを確立するために全力を注ぎたいと思います。

(続く・・・)
trackback --  comment --
2009年、私の行動目標 序章
2009/01/23 14:04 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の鶴田歯科医院の鶴田博文です。

今日から2009年の私の行動目標について書かせていただきます。
どうかよろしくお願いします。


IMGP1383-s.jpg

はじめに


私の大好きなメジャーリーグで活躍するイチローにある記者がインタビューしていました。

「イチローさん、あなたが野球をやめるときはどんなときですか?」
「そうですね・・・・(下を見てちょっと考え込む)」

顔を上げ、真剣な顔をして彼はこう一言いいました。

「お腹が出たら野球をやめます!」

この言葉、あなたはどう感じますか?

 私は思わず「うーん!カッコいい!」と思いました。

イチローはバットの重量にあわせて自分の体重を変えるといいます。つまり体重をコントロールできなくなったときが野球をやめる時だと彼は言うのです。

歯科医師である、私の使命は多くの方の大切な歯を守ることです。

「鶴田先生、あなたが歯科医師をやめるときはどんな時ですか?」
と問われたら・・・・・

「目が見えなくなったとき、指が思うどおりに動かなくなったとき、勉強できなくなったとき」と今は答えるでしょう。

私は最近、とくに自分の健康に気を使う必要性を強くかんじています。

これまで、私は幼いころから水泳で体を鍛えていましたのでちょっとばかり体力に自信はありました。

しかし、もう今年で40歳の厄年を迎えるのです。

私は33歳の時、この地で開業しました。今年で開業して7年目を迎えます。
正直言うと、これまでは、忙しさのあまり無理をしていた時期もありました。

そこで2009年は自分の健康増進、と歯科医師としてのターニングポイントとしての目標設定を心掛けたいと思います。

そして、技術的な自己研鑚だけではなく、やさしさとたくましさを併せ持つリーダーになることも必要なことではないでしょうか。
 
厄払いに御舘山神社に行ったときの神様からのメッセージです。

「おもうがままになる運です。短気を戒めて、身をつつしみ、何事も心静かに他人とよくよく相談してことをなさい。そうすればすべて心のままになるでしょう。」

「いつもニコニコ、感謝の気持ち、食う、着る、いや生きていることが自分ひとりの力ではない。感謝せねばならぬ。感謝の気持ちが湧いたとき、身も心も明るくなる。」

まさに今の私におぴったりのメッセージ。
このメッセ-ジに応えるようになれる、そんな一年にしたいと思います。

(続く・・・)
trackback --  comment --
ボクのディズニーランド
2009/01/20 14:07 [Tue]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

東京ディズニーランドにいったことありますか?


最近サービス関係の本や雑誌を手に取るとよくでてくるのが、「ホテル・リッツ・カールトン」、「愛と感動のレストラン カシータ」、「ヘアサロン RITZ」、そして「東京ディズニーランド(TDL)」です。

 実は私、東京ディズニーランド、行ったことないのです。
当院のメンバーのほとんどは行ったことあるようなのですが、男40歳にして「行ったことない・・・」なんて恥ずかしくて言えません。(ちなみに私のハウステンボスデビューはなんと33歳。遅咲きです)

仕方がないので、「るるぶ」や「マップル」で入れ知恵していますが、なぜ、東京ディズニーランドのリピーター率が多いのかをいくつかの本で学びました。

その中で一番読みやすかったのはこの一冊。

とくに歯科医院内で3か月に一度は、読書感想文を書かないといけない医院さんにはお薦めの一冊です。

ものすごく読みやすい。
IMGP8368-t.jpg

そして人材育成の大切さを痛感しました。

この本は東京ディズニーランドという巨大テーマパークでの人材育成をトレーニングされた体験がおもに書かれていましたが、中小企業の社長さんや、中間管理職の方、歯科医院の先生にも当てはまるキーワードがありました。それは・・・

「怒る」のではなく「叱る」
言いにくいことをきちんと伝えることが本当の上司の仕事ではないかな?
小さいことでも見逃すとそこからバラバラになっていくんだよ
気がついたらかならずその時に伝える


どうやら、これがあのテーマパークの人気の秘訣のようです。
なるほど、当り前であろう、たったこれだけのことを実行するだけで、仕事にたいする姿勢はみな同じ方向を向くと私は思います。

なんだか子育ての本にも同じことが書いてありました。
そうか!子育てと人材育成は一緒なのかも?

そこに共通するものは「愛情」ですね。
「まずは愛情あり」なのかもしれませんね。

最近、某テーマパークや某有名ホテルで、おもわず眉をしかめてしまうサービスを受けてからというもの良質なサービスに飢えていたので、とてもたのしく読ませていただきました。

そんなわけでここに書かれていることが本当かどうか、来月早々、東京ディズニーランドに行って確かめてきますね。ディズニーのページはコチラ!
trackback --  comment --
カメラの話
2009/01/19 21:51 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


今日はカメラのインプレッションをします。
私のカメラはPENTAX のk-mというデジタル一眼レフを持っています。
使い始めて3ヶ月程度。

このカメラのコンセプトは「ママの思いは世界最小」。

おおー軽いカメラなのね。

pentax k-mスペシャルサイトはこちら。

このページを読んで、次の週にヨドバシカメラに直行。
そして購入しました。
レンズも20mmの短焦点レンズも購入。

s-IMG_0105.jpg


目的は出張に行くときにデジタル一眼レフも持ち歩きたいという願望があり購入。
だからレンズは短焦点じゃないとバッグに収まらないのです。
ズームは大きいので却下です。

使い心地は・・軽いけど、やっぱり飛行機に乗ったり、新幹線乗り継ぐ出張にはやっぱりコンパクトデジカメばかり。

しかたがないので、趣味の撮影をしています。このブログでも活躍しています。

もう一台k100も持っているのですが、一長一短です。

値段もありますが、k100の方がつかっててたのしい。
液晶がきれい。

k?mは液晶がよくない。なんだかモヤッとしている。
「このカメラ失敗だったな。やっぱ衝動買いはいかんぜよ。やっぱオリンパスにしときゃよかったかな」などと思っていたのですが、k?mの最大の長所を見つけました。

それは・・・・・
電池がとてもよく持つ。

こんなカメラは他には知りません。
単三アルカリ4本は3ヶ月くらいヘビーユースのクセに変えていません。
本当です。

k?100はV3という一個1890円(×2)ほどの特別な電池でないとここまでもちません。単三なんかいれるとすぐになくなります。

k?mの特徴は「軽くて、電池長持ち」
宣伝にあるように、本当にカメラグリップの大きさは「日本人のママの手サイズ」です。

私のような男の手には余るくらい。

スイッチとか、操作感はやっぱりk100がとてもいい。

じゃあどっちかにしろ!
といわれたら、k?mをえらんでしまうかも。

使い心地がいまいちでも、決定的欠点はありません。
ただ単三電池がここまで長くもつと本当に便利です。
便利すぎます。
バッテリーの充電をしなくていいので最高です。

単三電池で動くのでいつでもどこでも電池が切れても安心です。

これがpentax k?mの最大の利点だと私は思います。
他の欠点がなくなるくらいのメリットです。

それから蛇足です。
写真にとってもっとも大事なのは画素数ではありません。
レンズの描写力です。

レンズがよければ本当に写真の表現力がうんと違います。

高校時代から写真を始め、「写真はレンズで決まる」という結論に至るまで、
23年の月日と、たくさんのレンズがゴミになりました。

今、私のもっとも、いとおしいレンズはDA Limited 31mm(単焦点)です。

あっといけない、また薀蓄っぽくなってしまいました。
すみません。

よく「カメラは何がいいかね?」と聞かれるものですから・・・

カメラはどこのメーカーでもいいと思います。そのくらい良く開発されています。
好きなメーカーを選んでください。
でもレンズだけはこだわって選んでみてくださいね。
trackback --  comment --
マラソン大会
2009/01/18 20:32 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日はマラソン大会に行ってきました。
私が走ったわけではありません。
走ったのは、みはる台小学校の生徒です。

開催場所はなんと運動公園のメイントラックです。

久しぶりにこの国体も開かれたというトラックに足を踏み入れたわけですが、やっぱりいいものですね。こんないい会場を押さえるのは大変だろうなあと思います。

私はみはる台小学校の第一回卒業生なのですが、当時はマラソン大会などありませんでした。聞けば4年前から始まったとのこと。地域の子どもたちを育成する力に驚きました。

一年生から6年生。
みんな一生懸命小雨が時折降る中、がんばりましたね。
かっこよかったです!

s-IMG_0021.jpg
ヨーイ、スタート!

s-IMG_0002.jpg
考えてみたらこのスタンドも30年以上の歴史があるのですね。
次の長崎国体に向けて近いうちに整備されるのだそうです。
s-IMG_0006.jpg
健全育成会の皆様の協力でマラソン大会が運営されました。
関係者のみなさま、お疲れ様でした。



trackback --  comment --
クレド(信条)
2009/01/16 17:36 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

いつも、ブログは院長の趣味ばかり。

鶴田歯科医院の院長は単なる「遊び人」じゃないか、と思われている人も多いかもしれませんので、今日はちょっとばかりまじめな話をします。

IMGP0803-y.jpg

(今日の午後、鶴田歯科医院の診療室の窓から見えた景色です。冬の虹です)



リッツ・カールトンというホテルがあります。

世界中で人気を博するホテルで、日本では東京と大阪にあります。
大阪のほうが先に開業したためかすでに無類の強さを誇っています。

このホテルの人気の秘密はそのハード面だけではなく「リッツ・カールトンミスティーク」と呼ばれる感動的なサービスにあります。

最近ではすっかりこれが有名になり、マスコミに取り上げられることも多くなりましたが、こうした感動的なサービスをすべてのスタッフが行えることの根幹に「クレド」と呼ばれるものがあります。

この「クレド」ラテン語なのです。日本語に訳すると「信条」となります。

リッツ・カールトンではこのクレド(信条)を毎朝のミーティングでこれを読み、各項目の意味についてディスカッションします。

その目的はクレドの内容を自分自身の行動に反映することにあります。

このようにクレドの話を聞いて「よし!自分の会社でもやって見よう!」とクレドを作ったという話をしばしば聞きます。(私もその一人です)

たしかにクレドは素晴らしい。

リッツ・カールトンがリッツ・カールトンであるためにはやはりクレドが必要だと思いますが、だからといってクレドだけでお客様を感動を与えるサービスができるわけはないと思うのです。

私がリッツ・カールトンに行って感じたものは明らかに他の名だたるホテルとは違う言葉にできない心地よさを感じます。

感動のサービスのためには、心に響く感性が必要だと思うのです。

スタッフ本人の感性を磨き続けるということもすごく重要であり、それを活用できるマネージメントも必要になってくると私は思うのです。


たとえば大阪のリッツ・カールトンに宿泊された東京のお客様がメガネを忘れたという電話が入りました。

客室係りはその電話を受け客室を探したら確かにメガネは存在したのです。

そのお客様は、はやくそのメガネがほしいとおっしゃいました。

調べてみると、郵送で送ると翌日になるといいます。

そこで、その客室係はそのメガネを持って、すぐに新幹線に飛び乗ったのです。
数時間後そのメガネは東京のお客様に直接手渡しされました。

そのお客様の感動はいかばかりのものだったのでしょうか。
なぜ、その客室係はすぐに新幹線にとび乗れたのか?

それはリッツ・カールトンは「エンパワーメント」と言って「お客様の喜ぶと思ったことは上司に許しを得ずにその場で実行する権限」を与えられているのです。
しかも、そこに費用が発生するならば、○万円まで使用しても良い。というルールがあるのだそうです。

その客室係がおこなったこの行為は世界中のリッツ・カールトンに発信され、多くのホテルマンによって称賛され、そのことが伝説になったのです。

もし私がメガネを届けてもらったお客だったならば、すごく感動し、その客室係りにお礼を言うためだけに、大阪のリッツカールトンに泊まりにいったかもしれません。

これが、本物のマネージメント力であると私は思います。



鶴田歯科医院にもクレドは存在します。

「鶴田歯科医院のクレド」
これは鶴田歯科医院の基本的な信念です。全員がこれを理解し、自分のものとして受け止め、常に医院に活力を与えます。

1、鶴田歯科医院のミッション(使命)
2、私たちの理想の歯科医院
3、私たちの行動指針
4、一体化した歯科医院をめざして
5、仕事の意義
6、仕事をする上での約束
7、来院者への約束
8、メンバーへの約束
9、院長への約束
10、説明する義務
11、事故防止のために
12、感染防止のために
13、クレームに対して
14、歯科医師法 第一条
15、鶴田歯科医院 7つの掟

これらの項目から成り立っており、朝礼時にリーダーとともにディスカッションを行い、毎日に診療に落とし込む努力をしています。

クレドは院長のわたしが書いたものもありますが、スタッフが何時間もかけて話し合いながら作った項目もあります。

リッツ・カールトンの東京支社長の高野登さんの書いた「サービスを超える瞬間」という本にははっきりと「私たちのライバルは歯科医院です」と書かれています。

高野さんは素晴らしいサービスを歯科医院で受けられ感動されたそうなのです。

リッツ・カールトンに宿泊するお金が歯医者さんに流れないように私たちは努力するとまで言われています。

歯医者さんが一流ホテルのサービスを超える。

そのためには技術だけではなく人を思いやる心、優しさを磨き、本物のマネージメントを実践していかないといけないと思うのです。

暮れに、2年前にオープンしたリッツ・カールトン東京に行ってきたのですが、やはり大阪と同じ、素晴らしい笑顔とサービスを実践していました。

そのサービスは心に今も残っています。

IMGP6820-t.jpg

クレドでラインナップを行うことは単なる手段でしか過ぎません。

鶴田歯科医院で仕事をする人すべてが、「自分ならどのような歯科医療を望むか」、「自分ならどんな歯科医院にかかりたいか」。

それを常に考え、自分の感性を磨き、そして自ら行動することが良質な歯科医療を実現できる糧となると私は信じています。
trackback --  comment --
熱気球
2009/01/15 20:04 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


3度のメシより好きなものですか?
それはですね・・・・熱気球なんです。

熱気球のシーズンはなんと真冬。
温度が低いと燃費がいいのです。

たとえば、こんな週末を過ごせたら最高ですね。

早朝7時、熊本県阿蘇市。アピカ前。仲間と合流。

快晴。パイロットバルーンにて風速測定をする。500Ftよりやや西向きの成分で2m/sec程度。

インフレ開始。バリバリバリバリ、グオーーーーーン!ブッブッブッブ、ビイーーーーーーン!

ドドドーンとテイクオフ!

シーレベルより高度3000ftまで上昇するとダイヤモンドダストがキラキラと朝日に輝く。

遠く中岳、阿蘇山の火口を眼下に見下ろす。バーナーの音以外は何も聞こえない静寂。

右手に大観峰を見ながら山並みハイウェイ上の駐車場にランディング。2時間ちょっとのロングフライト。

回収し、「山賊」のホルモン焼きと馬刺しを食べて温泉入って、夕方5時には帰宅。
ビールを一カン飲んで10時に就寝。

ああーたのしかった。

そんな週末、ここ一年ほど送っていません。

3月にはいけそうかな?

s-IMG_2769.jpg

trackback --  comment --
2009年 私の宣言
2009/01/14 21:15 [Wed]
category:未分類
私の大好きなメジャーリーグで活躍するイチローにある記者がインタビューしていました。

「イチローさん、あなたが野球をやめるときはどんなときですか?」
「そうですね・・・・」

顔を上げ、真剣な眼をして彼はこう一言いいました。

「お腹が出たときは、ボクが野球をやめるときですね」

この言葉、あなたはどう感じますか?

私は感動しました。

もうイチコロでした。

イチローはバットの重量にあわせて自分の体重を変えるといいます。つまり体重をコントロールできなくなったときが野球をやめる時だと彼は言うのです。

「鶴田先生、あなたが歯科医師をやめるときはどんな時ですか?」
と問われたら・・・・・

「目が見えなくなったとき、指が思うどおりに動かなくなったとき、勉強できなくなったとき」と今は答えるでしょう。

自分の健康に気を使う必要性を強くかんじています。

私は幼いころから水泳で体を鍛えていましたのでちょっとばかり体力に自信はありました。

しかし、もう今年で40歳の厄年を迎えるのです。

私は33歳の時、この地で開業しました。そのときから無我夢中で働いてきました。

忙しく無理をしていた時間もあったかもしれません。

もし、私が病気などで倒れてしまったら、元も子もありません。

当院のメンバーや来院者の方々、開業当初からずっとお付き合いさせていただいている方など、多大なご迷惑がかかることでしょう。

そこで今年は自分の体と心構えの改善を目標の重点に起きたいと思います。

健康あっての自分であるために、週3回は運動し、過食をやめ、体重を少なくともあと8Kgは減量したいと思います。

昨年はがんばって8Kg減量に成功しましたが、体が軽くなることで私の持病である腰痛もずいぶんと改善してきたのです。

これはもう少しがんばれるのではないかと思います。

健康になること。様々なリスクを回避すること。

そして、やさしさとたくましさを併せ持つ人になることも必要なことではないでしょうか。

厄払いに御舘山神社に行ったときの神様からのメッセージ(おみくじとも言います)。

「おもうがままになる運です。短気を戒めて、身をつつしみ、何事も心静かに他人とよくよく相談してことをなさい。そうすればすべて心のままになるでしょう。」

「いつもニコニコ、感謝の気持ち、食う、着る、いや生きていることが自分ひとりの力ではない。感謝せねばならぬ。感謝の気持ちが湧いたとき、身も心も明るくなる。」

まさに今の私にはぴったりのメッセージ。
このメッセ-ジに応えるようになれる、そんな一年にしたいと思います。

ちょっと恥ずかしいけれど、宣言しちゃいました!
trackback --  comment --
歯科医院の院長先生へお奨めの本
2009/01/13 23:13 [Tue]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

久しぶりにいい本と出会いました。
歯科医院の院長先生限定でご紹介します。

s-IMG_0001.jpg

”できる”スタッフが育つコミュニケーション術(クインテッセンス出版)という本です。
(amazonでも買えます!クインテッセンスなので歯科材料店でも買えます!)

ある歯科医院の院長先生が書かれたこの本。

一見ノウハウものかと思いきや・・・全く違います。

開業した二十年を経て悪戦苦闘の末につかんだ人材教育の成功法則が見事に語られています。

赤本を読んだときの衝撃に近いものがありました。
私にとってはこの本の定価の数十倍以上の価値がありました。

たくさんのマネージメントに役に立つ他業界の組織つくりやチームつくりの考え方を歯科医院に限定的に落とし込んでいます。著者の安藤先生。すごく勉強されていらっしゃいます。その知識には驚愕します。

私は思わず襟を正してしまいました。
とにかくいい本なのです。

歯科医院は人材育成がとても大切です。

毎日の仕事に心を込めてやりきることがいかに大切か。
私は仕事ほど人を成長させるものはないと思いました。
仕事には責任がつきます。
責任を持てばかならず、その人ができていないことがあればそのことを指摘します。
指摘された人は社会に迷惑をかけるわけにはいきませんからがんばります。
指摘した人は責任をもってその人ができるレベルに成長するまでフォローアップします。
厳しいことはいうけれど、その人のためを思って言う。
それが愛情ではないでしょうか。忙しい時間の中でもその人のために考えてあげるという習慣がその歯科医院の中にあれば、その歯科医院はかならず来院者の方々にとっても心地よい場所になるのだと私は思っています。

当たり前のことかもしれませんが、そんなプロ意識が育つような文化を育みたいものです。


実は、五島光さんからのお奨めで読んでみました。
「今の鶴田先生にはこの本なんかいいんじゃないですか?」と教えてもらったのです。
見事に今現在の私のツボにストライクど真ん中でした。
こんないい本を教えていただいて、五島さん。ありがとう!

五島さんのブログはコチラ!

ちなみに1月7日のブログは鶴田歯科医院が登場していますので、ごらんいただけましたら幸いです。
trackback --  comment --
モグラうち?
2009/01/12 12:02 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

午後13時
平山公民館に集合!
みんな寒いけど元気一杯です。
s-IMGP0617.jpg

s-IMGP0754.jpg

お祝いのあるご家庭を訪問しお謡いを謳います。
s-IMGP0761.jpg

s-IMGP0732.jpg
お座敷にあがらせていただき、ぜんざいをご馳走になりました。

お祝い申そう!やーモソモソ!
とモグラを追い出します。
s-IMGP0770.jpg

その後は、お菓子の差し入れが!
子どもたちは大喜びです。

s-IMGP0707.jpg

2班に別れ、30軒ものモグラちが終わったのが午後4時半。
終わると同時に冷たい雨が降り始めました。

平山町公民館で、子どもたちは温かい肉まんとお菓子でお疲れ様会です。
s-IMGP0780.jpg

昨年12月からお謡いを練習して今日の本番を迎え、無事終了しました。
とても立派に謳えました。

みんな本当にかっこよかったです。

その後は保護者の皆さんで懇親会を行いました。
ありがとうございました。

コウジ君が、おいしいお刺身と温かい鍋を準備してくれていました。
ありがとう!

s-IMGP0792.jpg





trackback --  comment --
平山町子ども会のモグラうちです!
2009/01/12 11:43 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

昨日は平山町子ども会のモグラうち。

マイタウンいさはやからも取材されましたので、動画もあるので、どうぞコチラをごらんください!
マイタウンいさはやはコチラ!

子どもたち30名、保護者も十数名により、約30軒ほどの家々、事業所を練り歩きました。
こちらもお祝い事ですので、お祭りのハッピを着ていきます。














trackback --  comment --
厄入りの神事に行ってきました。
2009/01/12 11:29 [Mon]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


諫早市歯科医師会の皆様より、厄入りの神事を行っていただきました。

s-IMGP0596.jpg

歯科医師会の先生方、雪の降る中ありがとうございました!
御舘山神社で行いました。

s-IMGP0598.jpg

今年、厄年は私と飯森町開業増山先生です。
増山歯科医院はコチラ!


おそるおそる、おみくじをひいたところ”大吉”!

「おもうがままになる運です。短気を戒めて、身をつつしみ、何事も心静かに他人とよくよく相談してことをなさい。そうすればすべて心のままになるでしょう。」

「いつもニコニコ、感謝の気持ち、食う、着る、いや生きていることが自分ひとりの力ではない。感謝せねばならぬ。感謝の気持ちが湧いたとき、身も心も明るくなる。」

神様からいただいたこのメッセージ。

たいせつにこころにきざみ、厄年と言われていますので、むちゃをせず、感謝の気持ちを忘れずに、たのしく生きたいと思います。
trackback --  comment --
厄入り
2009/01/10 19:04 [Sat]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

私は現在39歳です。
今年の9月で40歳になります。
その節目の年を厄年というのだそうです。

こりゃ何ぞや?と百科事典で調べてみました。

なになに・・・・
一般的に男性と女性の厄年は異なり、本厄は男性の場合は、数え年で25歳、42歳、61歳、女性の場合は19歳、33歳、37歳とされている。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされており、語呂合わせでも男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々」に通じる。数えというのは、誕生日前だと +2歳、誕生日を迎えている場合 +1歳を足して計算する。

ヒエー!!「死に」だから死ぬほど悪い年なのね!

いずれの厄年にもその前後1年間に前厄(厄の前兆が現れるとされる年)・後厄(厄のおそれが薄らいでいくとされる年)の期間があり、本厄と同様に注意すべきとされる。

19歳、25歳は青春期に当たる事から、何事にも向こう見ずになりがちであり、それゆえ無茶に遭う事も多く、また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、人生のうちでも曲がり角でもあり、男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、いずれにしても体調や精神的に不安定になりやすいとされている。そのため、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとされている。

青春期を過ぎ?そうかそうか、いつまでも無理はきかんのだよ、そろそろ落ち着けってこと?

この年は先述のように、縁起の悪い事態が多発しやすいとされており、それゆえ本厄の年に「厄祓い」・「厄除け」を行い、神仏の加護を受けて凶事や災難を未然に防ぐ慣習がある。

実際、社会的・世間的に見ても、大厄の年には本人自身に不慮の事故や病気・けがあるいはそれらによる死亡廃疾、流産などが多発したり、あるいは本人自身には関係なくともその身の回り(例:親などの死・火事・家庭内の不中和など)にて何らかの凶事が多発することが多いとされる。

また、そうした凶事が起こらなくとも、大厄の年齢では肉体的にも体力の低下や反射神経の鈍化など、衰退が顕著になる時期でもあり、健康管理などの面でも注意が要される年頃でもあるともいう。


ありがたいことに、明日は諌早市歯科医師会で厄入りのお祓いをしていただけるというので、御舘山神社に行ってきます。

しかし、厄年とはこんな意味があったなんて知りませんでした。もっと軽ーくかんがえていました。そろそろ落ち着けってことですね。でもまだまだやりたいことがたくさんありますので気をつけてやりますね!

明日はどうぞよろしくお願いします。

trackback --  comment --
模型つくりは楽しい!
2009/01/09 23:46 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


小学生のころからプラモデルを作るのが大好きでした。
それが、もうすぐ40歳になろとしているのに、まだ好きでたまらないのです。

「歯医者は指先が器用でなきゃならん!プラモつくるのはトレーニングなのよ!」と勝手に理由をつけて自分の好きな飛行機、車やバイクがあったら買っては箱だけが山積みになっています。

現在20箱ほど積んであります。
その積んである光景がまた美しい。
イラストと箱のコントラストが絶妙なのです。

ほとんど、いつか作ろう作ろうと思い作っていません。
気に入ったモデルは2個ずつ買ってあるものもあります。

でも、去年のお誕生日にメンバーからプレゼントされたのがプラモだったので、またつくりはじめるきっかけになりました。

プラモデルにもメーカーがいくつかあります。

精度がもっとも高いのは、TAMIYAが一番です。
このレベルは間違いなく世界一です。

しかし、私はまだTAMIYAの模型を完璧に作れるという、そのレベルには至っておりません。

アオシマ文化教材社のものが比較的初心者にも作れるので、お奨めです。
ハセガワやフジミ、fine moldなども好んで作ります。

週1,2回のペースですが、たまには作っています。


今はアオシマの1/12モデル ホンダDREAM50 Custom を作っています。
50ccだけれども、このレトロ感がたまりません!

s-IMG_2747.jpg

s-IMG_2748.jpg

まだ、フロントフォークとリアーステーしか作っていません。
少しずつ作るのが好きです。

いい大人が・・と言われそうですが、好きなものは好きなのです。

フェラーリよりも、ロレックスよりもルイ・ヴィトンよりもズーット、ずーっと前から私の憧れだったTAMIYAのプラモデルはまだまだたくさんあるのです。

確かに作った数より積んでいる箱の方がずっと多いのかもしれないけど、TAMIYAのプラモで大人になったようなものです。

こんなにすばらしい工業製品は他にありません。

わたしはこれで指先を鍛え、メカを学び、色を学び、モノつくりの心を学んできたことだけは確かです。

あの接着材で寸分の隙間もなくピタッと接着できる精度の高さはどうしてもほめられずにはいられません。

あの感覚があるからこそやめられないのかもしれません。
どんな金型つかったらあの精度がでるのか、作るたびに不思議で仕方ありません。

タミヤさん。あなたのおかげで立派な(?)大人になりました。ありがとうございます。
trackback --  comment --
今日はトミさんのお誕生日!
2009/01/08 19:57 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

今日はトミさんのお誕生日!

トミさんは開業当初からのメンバーで、私の最もたよりにしているメンバーです。

もちろん、みんなもトミさんのこと、大好きです。

ハッピーバースデイ!トミさん!

IMGP0588-s.jpg

trackback --  comment --
初ミーティング&初詣
2009/01/07 21:30 [Wed]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。


今日は今年初の全体ミーティングを行いました。

「2009年はこんな年にするぞ!」と個人目標と抱負を発表を行いました。

s-IMGP0562.jpg

目標や抱負などを発表している間も、いろんな突っ込みあり、笑いありで、とてもいい時間をすごすことができました。

ミーティング後は全員で御舘山神社に参拝し、一年間の健康と安全、そして目標達成を祈願しました。

s-IMGP0578.jpg
厳粛な雰囲気の中、とてもよい一年のスタートとなりました。

s-IMGP0585.jpg

鶴田歯科医院、一致団結してがんばります!

今年もどうぞよろしくお願いします。

(このあとは、みんなでファミレスに行って、ランチ&デザートを堪能しました♪)

trackback --  comment --
すごいエアーバッグ!
2009/01/06 23:20 [Tue]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

お正月休み最後の日。
私のアマチュア無線の仲間でもあるNさんにお会いしました。

そのときに見せていただいのがバイク用のエアバッグ。

無限電光のホームページはこちら

なんでも実際に転倒したときの衝撃の5分の一なんだそうです。

すごいものを開発した人がいるものなんですね。
白バイ隊も県によっては導入しているというこのエアーバッグ。

NHKテレビの番組にも紹介されたすごいものです。

実際に着せていただいたのですが、ガスボンベが入っているために重いのですが、この事故体験記を読むと、フーン、フムフム、やっぱり備えあれば憂いなしといったところです。

今日はバイク用エアーバッグのご紹介でした。

なんて軽く書きましたが、実はこんなにマニアなもの見せられると、私の煩悩スイッチがオン。

正直、スゴーク、欲しくなりました。
「もし欲しい?」っと聞かれたら・・・
悔しいけど「欲しい!」と言っちゃいます。きっと。

夢に出てきたら買っちゃうかも・・・・
だって交通機動隊御用達でしょ?
たまらないですね。
憧れの交機グッズ。

あーでも、年末に自分へのご褒美としてSHOEIの”X-Eleven YANAGAWA レプリカ”を注文したばっかりだしなあ・・・・・・

ああーでもやっぱり欲しい・・・
trackback --  comment --
「モグラうち」と「鬼火」
2009/01/04 08:11 [Sun]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

昨日は平山町子ども会の行事に参加してきました。

ひとつはモグラうちにつかう「モグラうち棒」の製作、もうひとつは”鬼火”用の竹をセッティングしたのです。

いずれも伝統行事。
諫早周辺では珍しくない行事ですが、念のため解説します。

「モグラうちとは」(百科事典より・・・抜粋)
九州地方などの一部には「もぐらうち」などと呼ばれる習俗が遺る。1月頃、地域の子どもたちが集まり、歌を歌いながら、藁を巻きつけた竹竿などで地面を叩き練り歩くものである。一説に、農作物を害するモグラを追い出し、豊作を祈る行事であるという。

平山町では正月14日。でも最近はその前後の休日に行っています。

s-IMGP0455.jpg
町内のベテランの指導者の方々が子どもたちに作り方を教えています。これが最高の学習です!
s-IMGP0450.jpg
もちろんすべてハンドメイド。美しい!
s-IMGP0487.jpg

モグラうちがおわったら公民館で、お謡いをするために稽古です。指導者の古川さんに合わせて子どもたちもやる気満々です!

「とっころっは、たかさごののーお♪」
かわいい声が響き渡ります。

この一年間、新築、出産、商売繁盛、無病息災などをお祝いして約30ほどの家々を回らせていただく予定です。私の家でもやってもらう予定です。

話は変わります。

鬼火とは・・・「ドンド焼き」のことです。

ドンド焼きとは・・・(これも百科事典より)
小正月のお祭り行事。正月飾りの処理を行うとともに、正月の神送りとして考えられる事が多い。この行事は、平安時代からの宮中での火祭り行事に由来する。火の力により、無病息災、学力増進を願う行事として全国的に行われています。

この 「ドンド焼き」は、ここ平山町では「鬼火」と呼ばれているようです。

元来「鬼火」とは妖怪用語、怪談で登場してくる用語なのですが、平山町のものは規模がちょっと違う!

ちなみに「ドンド焼き」で検索エンジンにかけてみてください。
平山町のドンド焼きは鬼のようにでかいことがわかります。
だから「鬼火」なのかなあ・・と勝手に思っています。

私が子どものころは朝の5時ころに父親にむりやり連れて行かれたことを覚えています。燃え尽きるまでに数時間を要しました。竹がはじける音がすさまじく、その迫力に驚きました。
しめ縄などのお正月飾りをこの鬼火に投げ入れ、無病息災をお祈りした後に、鏡餅、スルメなどを焼いて食べた記憶があります。

大人にとっての鬼火とは・・・夕方5時ころに開始され、燃え尽きた残り火に、竹にいれた清酒で熱燗。肴を焼き、町内の方々と燃え盛った残り火、竹炭の暖かさを囲み、いい気分での小正月をすごすのです。

これが、平山町が誇る鬼火です。

1230952154-20090103102526.jpg

s-IMGP0479.jpg

人の大きさからするとその巨大さがわかりますよね。

とくに写真が趣味のお父さんにはまさにシャッターチャンス到来!です。
こんなに巨大な鬼火は珍しいので、これで力作をとれば県展やアサカメ、日カメも狙えるかもしれません。審査員が珍しさのあまり一票投じること、間違いありません。

1月10日(土曜日)午後5時くらいから点火予定だそうです。
竹がはじける音、壮大な炎に圧倒されること間違いありません!
火の粉が降りかかりますので、穴があいてもいい服を着てきてくださいね。
trackback --  comment --
雪遊び!
2009/01/02 12:46 [Fri]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

新年早々、雪遊びに行ってきました。

ちょっと雪が降ると、いてもたってもいられなくなる性格なので困ったものです。
昨年の正月もそうでした。
今年も正月休みでよかった!

この冷え込みで山は真っ白です。
s-IMGP0427.jpg

外気温は右のメーターの下のデジタル表示によると、氷点下3℃!
イイ感じです。

それではレッツゴー!

s-IMGP0430.jpg

期待どおり、山は雪化粧していました。


道もこんな感じです。
s-IMGP0415.jpg

s-IMGP0438.jpg

s-IMGP0418.jpg

もちろんタイヤはスタッドレスタイヤです。
毎年、12月から3月までこのタイヤですごします。
ブリジストンのブリザック。5年目です。
ロードノイズが大きいのですが、さすがに雪には強いです。
乗り心地はやわらかく快適です。

車もフルタイムの4WDなので、もうはしゃぎまくりです。

s-IMGP0435.jpg

新雪だってなんのその!

この道は車両通行量がとても少ない道なのですが、雪が積もったら、やっぱり私みたいな雪遊びに数名の方が来ておられました。

ちなみに、この道は携帯電話が全く通じませんので、雪の時は無線機器の携行をお奨めします。
そのくらい山奥です。

一番多かったのはやっぱりスズキジムニー。
その次はデリカ、スペースギア。
80も一台。

もちろん、全車スタッドレスを履いていました。

みなさん、マナーがよい方ばかりで譲り合いながらの走行会となりました。

楽しかったです!

s-IMGP0414.jpg

きれいな朝日。有明海に反射してとてもきれいでした。


trackback --  comment --
新年あけましておめでとうございます。
2009/01/01 11:44 [Thu]
category:未分類
みなさん、こんにちは!
長崎県諫早市の歯科医院鶴田歯科医院、院長の鶴田博文です。

新年あけましておめでとうございます。

早起きして初日の出を見に行ってきました。
あいにくの雪空でしたが、午前7時38分、雲の切れ間より、見事な日の出を拝むことができました。
幸先の良い年のはじまりでした。
s-IMGP0404.jpg
写真は白木峰高原より、雲仙岳を望みます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
trackback --  comment --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。